『マイティ・ソー バトルロイヤル』キャラポスター8種解禁

『マイティ・ソー バトルロイヤル』キャラポスター8種解禁

  • ORICON NEWS
  • 更新日:2017/09/15
No image

マーベル・スタジオ映画『マイティ・ソー バトルロイヤル』(11月3日公開)キャラポスター8種が解禁(C)Marvel Studios 2017

「アベンジャーズ」シリーズのマーベル・スタジオ映画『マイティ・ソー バトルロイヤル』(11月3日公開※全米と同時公開)のキャラポスター8種が解禁された。

【動画】『マイティ・ソー バトルロイヤル』日本版予告編

主人公のソー、最強の敵として現れる死の女神・ヘラ、彼女に“リベンジ”するため招集したアベンジャーズのハルク、宇宙一の裏切り王子のロキ、大酒のみの訳あり女戦士ヴァルキリー、ソーの国の誇り高き守護神ヘイムダル、ソーの父であり偉大なる王オーディン、そして謎に包まれた存在、格闘マニアの独裁者グランドマスターの8人。

本作では、ヘラに“リベンジ”するため、ハルクやロキ、ヴァルキリーらと、突貫の型破りのチームを結成したソー。戦う動機こそ違うものの「ヘラを倒す」という目的は同じメンバーが集結し、この付け焼き刃なチームを、ソーは“リベンジャーズ”と命名する。

今回、監督を務めるのは、俳優、コメディアンとしても活躍するニュージーランド出身のタイカ・ワイティティ。長編3作目の『シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア』が、トロント国際映画祭ほか世界中の映画祭の“観客賞”を総なめし注目される才能の持ち主だ。本作に関して監督は、「本作から観ても楽しめるように作ったんだ。僕にとっては、これがソーの第1作目のようなものだよ」と、過去作とは一線を画す作品であることを強調。

ソーを演じるクリス・ヘムズワースのコメディセンスを開花させ、「僕はみんなに映画を見てもらい、キャラクターたちを愛してもらいと思っているんだ。映画の中での僕が重要としているのは、キャラクターであり、良いシーン。今作に持ち込んだもの、それは“面白さ”なんだ」と語っている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「ブレードランナー」3バージョンをHuluで配信、渡辺信一郎が手がけた短編アニメも
第69回エミー賞は女性が勝利した年!反トランプ旋風吹き荒れる【厳選!ハマる海外ドラマ】
キャスキッドソン×ピーター・パン♡CUTEなコラボアイテム発売
ナタリー・ポートマン、“吹き替えなし”で妖艶なボディーを披露
【ディズニー】2018年はよりリーズナブルに!「キャンパスデーパスポート」発売
  • このエントリーをはてなブックマークに追加