メッツ青木 お得意左腕から“仕切り直し打”「集中力保てた」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2017/09/15

◇ナ・リーグ メッツ5―17カブス(2017年9月13日 シカゴ)

メッツの青木が3回に中前打を放った。

過去の対戦成績10打数5安打と得意とするカブスの左腕レスターのスライダーを「攻めのパターンは分かっていた」という狙い打ち。前の試合で連続試合安打が12で途切れたが、仕切り直しの一打に「今日は良いボールの見え方をしていた。2本目が出ず苦しかったが、集中力は保つことができた」と話した。(小林由加通信員)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

MLBカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
イチロー契約延長の条件とは? MLB公式HPが担当記者の見解伝える
田中将大3被弾8失点の背信投球に指揮官ため息「どういう訳か一貫性がない」
イチロー、代打で二ゴロ 代打最多安打記録まで2本のまま
青木 先発出場で決勝二塁打!メッツ移籍後4度目の1試合3安打
56発スタントンを“本気”にさせたイチローの長打力 コーチが明かす秘話
  • このエントリーをはてなブックマークに追加