筋トレ男子にぴったりな注目食材、鹿肉のおいしい食べ方

筋トレ男子にぴったりな注目食材、鹿肉のおいしい食べ方

  • @DIME
  • 更新日:2018/01/13

■連載/メンズビューティー通信

ハンターの減少などで、全国的に急増している野生の鹿。農林業者に被害を与える害獣とみなされるほど繁殖しており、年間50万頭捕獲しても間に合わないほど。自治体も本腰を入れはじめ、狩猟の奨励にあわせるかたちで、鹿肉を使った料理が各地で盛んになりつつある。

味の方も「やわらかくておいしい」と評判は上々で、鹿肉ファンも増えているが、読者の中には栄養価が気になるという人も少なくないだろう。そこで今回は、ブームになりつつある鹿肉の栄養価や入手方法などについて、近刊『鹿肉を楽しむ』(林真理/丸善出版)をベースに紹介したい。

No image

■タンパク質は遜色なしで、脂肪は良質

エゾシカのもも肉100gあたり、タンパク質は22.6g、脂肪は5.2g含まれている。他の畜肉(もも肉)で比較すると、牛肉は23.1g、10.7g、豚肉は22.1g、3.6g、鶏肉(皮なし)は22.0g、4.8gとなる。

No image

こうしてみると、タンパク質・脂肪の含有量においては他と遜色はない。脂肪についていえば、必須脂肪酸であるオメガ3系不飽和脂肪酸とオメガ6系不飽和脂肪酸がバランスよく含まれているのが、鹿肉の特色。

このバランスがどちらかに偏ったまま脂肪酸を摂取し続けると、動脈硬化といった生活習慣病、アトピー性皮膚炎などのアレルギー疾患のリスクが高まるとされており、この点で鹿肉にはアドバンテージがある。

■カルニチンと鉄分が目立って多い

機能性アミノ酸のひとつであるカルニチンは、人の体内の脂肪燃焼に深く関わり、欠乏すると脂肪をためこみやすい体質になってしまう。そのため大手のサプリメーカー数社から、ダイエットの補助としてカルニチンサプリが発売されており、今、注目の栄養素でもある。

そのカルニチンの含有量が、鹿肉では目立って多いのが特徴。豚肉や鶏肉では、これがほとんど含まれておらず、牛肉にはそれなりに含まれているが、鹿肉には牛肉の2倍近く含まれている。

また、鉄分も豚肉や鶏肉の約5~10倍含まれており、ウェイトコントロールで鉄分の不足しがちな一部のアスリートに、鹿肉は好まれている。

■鹿肉の入手方法

政府は、鹿肉を含むジビエの消費量を倍増させる方針を先日明らかにした。しかし、これを達成するのは2019年と、少し先の話。鹿肉が大手スーパーなどで目にするまでの間、頼りになるのは一部の精肉店となる。

こうした精肉店の多くはネット通販に力を入れており、都市部に住んでいても入手しやすくなっている。鮮度・品質に不安があれば、野生鳥獣肉の認証制度が既に確立されている、北海道、長野県、三重県の認定業者から選ぶとよいだろう。

基本的には、通販の鹿肉は冷凍品が主となっている。業者のウェブサイトの写真を見て、パックの中に染み出た肉汁が目立つ、冷凍焼けで白く変色している、あるいは霜の付着が多ければ、品質に問題があるので買わないほうがよい。

■鹿肉の食べ方

他の畜肉と同じように調理できるが、筋膜を取り除くなど、肉を硬くしないためのコツが若干ある。レシピは、『鹿肉を楽しむ』でもいくつか紹介されているほか、クックパッドでも数百種類の多種多様なレシピがある。また、本書の著者が運営する鹿肉専門通販の『aideer』では、鹿肉入りキーマカレーのレトルト食品が販売されており、鹿肉初心者はまずはこれから試してみるのもおすすめだ。

No image

『aideer』の鹿肉入りキーマカレー

文/鈴木拓也
老舗翻訳会社の役員をスピンオフして、フリーライター兼ボードゲーム制作者に。英語圏のトレンドやプロダクトを紹介するのが得意。

構成/メンズビューティー編集部

※記事内のデータ等については取材時のものです。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ただの恥ずかしがりやではない。本当に内向的な人の14の特徴
「子どもから大人までみんな平然と...」=私が日本で驚いたこと―訪日中国人女性
顔は天使なのに属性が「闇」過ぎるロシアの美少女サラちゃん
男性は女性の「年齢」、女性は男性の「年収」で相手を選ぶな
約束の時間を守る人と守らない人 対照的なケースをすっきりと比べた漫画が話題に
  • このエントリーをはてなブックマークに追加