「名選手から名監督になったスゴい男」最新TOP5

「名選手から名監督になったスゴい男」最新TOP5

  • Qoly
  • 更新日:2019/11/21
No image

「名選手、名監督ならず」とはよく聞かれる言葉ではあるが、もちろん名選手でありながら名監督になった者もいる。

今回は「Sportskeeda』から「2000年以降のサッカー界で『名選手でありながら名監督になった者TOP5」というランキングをご紹介する。

5位:アントニオ・コンテ

No image
No image

率いたチーム:ユヴェントス、チェルシー、インテル

選手としてレッチェでキャリアをスタートし、1991年にユヴェントスへと移籍したコンテ。それから13年にわたって活躍し、UEFAカップやチャンピオンズリーグの優勝に貢献したキャプテンとなった。

イタリア代表では多くのライバルがいたことから20試合の出場に留まってはいるが、1994年のワールドカップやEURO2000でもプレーしている。

2011年にユヴェントスの監督に就任したあと、4つのリーグタイトルを獲得するなど黄金期をスタートさせるなど成功を収め、それからチェルシー、インテルと強豪を率いている。

4位:ルイス・エンリケ

No image
No image

率いたチーム:ローマ、セルタ、バルセロナ、スペイン代表

レアル・マドリーとバルセロナの両方に所属した経験を持つ珍しい選手の一人として知られる。1996年にマドリッドで支持を失ったと感じた彼は、フリーで最大のライバルへ移籍したのだ。

最初は懐疑論もあったが、バルセロナでは8年間を過ごしてキャプテンも務め、スペイン代表でも62試合に出場するなど多くの栄光を味わった。

監督としてはローマ、セルタでの指揮を評価することは出来ずとも、バルセロナでの功績は明らかなものだ。

3位:ジネディーヌ・ジダン

No image
No image

率いたチーム:レアル・マドリー

選手としてのキャリアでは、おそらくこのリストの中で最大の成功を収めた人物だろう。ボルドー、ユヴェントス、レアル・マドリーで多くの輝かしいプレーを見せ、3回のバロンドールを獲得した。

フランス代表でも「将軍」と言われるほどの存在感を見せ、1998年のワールドカップで母国を優勝に導いている。

引退後はレアル・マドリーのリザーブを率いていたが、2014年にトップチームのアシスタントとなり、2016年3月に突如監督へ昇格。それから前例のないCL3連覇を達成した。

2位:ディエゴ・シメオネ

No image
No image

率いたチーム:エストゥディアンテス、リーベル・プレート、アトレティコ・マドリーなど

インテルやセビージャ、ラツィオ、アトレティコ・マドリーで活躍した、典型的な「潰し屋」だったシメオネ。アルゼンチン代表でも歴史上屈指のレジェンドとして称賛される。

そして引退後には監督としてエストゥディアンテスを23年ぶりのリーグタイトルに導くなど、早い段階で成功を収めることに成功。それからしばらくはなかなか良い状況に恵まれなかったが、2011年12月に古巣アトレティコへと復帰すると、栄光の道がスタートした。

就任1年目でヨーロッパリーグ優勝を果たし、18年ぶりのリーガ優勝も成し遂げた。

1位:ジョゼップ・グアルディオラ

No image
No image

率いたチーム:バルセロナ、バイエルン、マンチェスター・シティ

もちろんこのリストで最も上にランクインするのはジョゼップ・グアルディオラである。

バルセロナが導入した若手育成機関「ラ・マシア」初期の卒業生であり、ヨハン・クライフが率いた「ドリーム・チーム」を支えた伝説的なプレーメーカーであった。

【関連記事】シティ、グアルディオラが獲得した選手「最悪の5人と最高の5人」

バルセロナで11年を過ごしたあと、ブレシア、ローマ、アル・アハリ、そしてメキシコのドラドスでプレーしたあと現役を離れた。

それからの指導者としての活躍は誰もが知っている。率いたビッグクラブを更に強くし、数々のタイトルをその手に収めている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ネイマール、試合後に相手選手に詰め寄り「くたばれ」!何があった
メッシが定位置奪取! 前人未到7度目のピチーチへ視界良好
モウリーニョ、衝撃ゴールのソン・フンミンを絶賛!「韓国人はいい」
19年最優秀賞の米女子代表MF、休暇先のプールで“妖艶2ショット”に反響「キュート」
J1神戸 ポドルスキが来日初ハット 逆転残留へアピール「話があれば前向きに」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加