Appleは2018年にLCD搭載iPhoneの背面を金属素材に戻すかも?

Appleは2018年にLCD搭載iPhoneの背面を金属素材に戻すかも?

  • iPhone Mania
  • 更新日:2017/12/08
No image

Appleが来年発表予定のLCD搭載iPhoneで金属素材の背面を復活させる可能性が示唆されています。LCD搭載モデルの維持には、ライバル企業であるSamsungへの依存度を減らすねらいがあるといわれています。

2018年のiPhoneラインナップの新たな予測

Apple製品の情報通として知られるKGI証券のミンチー・クオ氏は先月、Appleの2018年のiPhoneは6.5インチのOLED搭載モデル、6.1インチのLCD搭載モデル、5.8インチのOLED搭載モデルのラインナップになるとの予測を公開しました。

今月7日、Nikkei Asian Reviewは、関係者による新たな予測として、2018年のiPhoneは、背面に金属素材を使用した6.1インチのLCD搭載モデルと、おそらくガラス背面の6.3インチと5.8インチのOLED搭載モデルになると報じました。背面が金属素材の場合、より豊かなカラーバリエーションが期待できるとのことです。

この予測が正しければ、一部のサプライヤーにとっては朗報となります。iPhoneがすべてOLEDに切り替わってしまった場合、現在LCDをAppleに供給しているFoxconnの子会社となったシャープや、ジャパンディスプレイは大きな痛手を負うことになるからです。

iPhone Xに搭載されているOLEDは、LCDと比べ、色のコントラストが高く、ディスプレイがより明るいといわれています。また、カーブしたスクリーンへと形作ることもできるため、折りたたみになる可能性もあるとされています。

AppleはなぜすべてのモデルをOLEDに切り替えないのでしょうか?その理由はOLEDの供給状況にあるといわれています。

Samsungへの依存度を減らす目的

AppleがLCD搭載のiPhoneを新製品のラインナップにとどめておくのは、Samsung傘下のSamsung DisplayがOLEDの供給を独占的に行なっているからであるといわれています。

ライバル企業に製品計画を知られ過ぎるのは危険なため、OLEDの新たな供給元が見つかるまではLCD搭載モデルを維持してサプライヤーの分散を図るねらいがあるとみられています。

AppleがLCD搭載モデルの背面に金属素材を復活させる場合、Pegatronの子会社であり、すでにiPadのケースを供給しているCasetekが初めてiPhoneサプライヤーの仲間入りを果たす可能性が濃厚とのことです。

iPhone8の生産を担っているPegatronは、Casetekと組んでLCD搭載モデルのための新しいケーシングを開発しているとの情報もありますが、両企業は共にコメントを控えています。

Source:Nikkei Asian Review
(lexi)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

Appleカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
iOS11.2.1、iPhone X/8/8Plusのカメラ問題をこっそり修正
テンキー付きMagic Keyboardで「反り返り」現象が発生か
【年末企画】2017年ベスト買い物 - Bluetoothスピーカー「Anker SoundCore」
Googleが「iOS 11で脱獄可能にする方法」を公開!...大丈夫なのこれ?
ギズモード・ジャパン読者がもっとも購入したスマホ関連グッズランキング:2017年11月
  • このエントリーをはてなブックマークに追加