4年後だけじゃない壮大プラン!沙羅、北京経由札幌でも「金」フライト/ジャンプ

4年後だけじゃない壮大プラン!沙羅、北京経由札幌でも「金」フライト/ジャンプ

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2018/02/14

ノルディックスキー・ジャンプ女子で銅メダルを獲得した高梨沙羅(21)=クラレ=が13日、フリースタイルスキー・男子モーグルで銅メダルに輝いた原大智(20)=日大=と一夜明けのメダリスト会見とメダル授与式に出席。メダル獲得の喜びと今後への抱負を述べた。改めて2022年北京五輪での金メダル獲得を公言し、さらなる飛躍を誓った。

「SARA TAKANASHI」-。名前が呼ばれると高梨が、得意の!? ジャンプで表彰台に飛び乗った。一部を除いて競技翌日の夜に山間部の平昌で行われるメダル授与式。五輪スタジアム近くの広場に設けられた特設ステージでも、銅メダル獲得の興奮は冷めやらなかった。

「2本とも納得がいくジャンプができた。自分を信じて飛べたことが収穫。楽しめました。自分の中では、すがすがしい気持ちでいっぱい」

目標の金メダルには届かなかったが、4位で悔しさを味わった前回ソチ五輪のリベンジを果たし、達成感と安堵(あんど)感が広がった。

この日、高梨は早朝からテレビ出演、メダリスト会見、そしてメダル授与式など過密スケジュールをこなした。前日の激闘後から一睡もできなくても最大級の笑顔で丁寧に質問に答えた。会見では少し前のめりに、次回22年北京五輪出場への意欲を示した。

「これで終わりじゃない。北京五輪では金メダルを取って結果で感謝の気持ちを伝えたい」

さらに、その後の五輪も見据える。26年は地元、札幌が冬季五輪招致に名乗りを上げている。日本のエースはそのニュースを耳にし「すごく楽しみ。考えただけでもワクワクする。選手としてその場に立ってみたい」と歓迎したこともある。今大会6位入賞のダニエラ・イラシュコ(オーストリア)は34歳。8年後に29歳になる高梨は、十分に現役続行が可能で、地元で飛ぶ自身の姿を想像する。

14日には銅メダルとともに帰国する。「重さ以上にたくさんの方々の思いが詰まっている」。ヒロインの多忙な日々はまだまだ続きそうだが、五輪金メダル獲得の夢をこれからも追い求め続ける。 (石井文敏)

★メダリストへの記念品

メダリストに贈られる記念品は、平昌の山並みをかたどった高さ約10センチのオブジェで、上から見るとハングルで表記された大会名の形となっている。

★選手村で女子会

高梨は銅メダルを獲得した12日午後11時47分に試合を終え、ドーピング検査などで会場を離れたのは翌13日午前2時前だった。同3時に選手村に到着。早朝からテレビ取材などの予定があり、寝坊する恐れから、仮眠もしなかったという。そんなとき、戦友の伊藤有希(23)=土屋ホーム=らが祝勝会を兼ねた女子会を選手村の食堂で開いてくれた。サラダ、ピザを食べながらつかの間の“女子トーク”を楽しんだ。テレビ出演後の午前11時にはワールドワイドオリンピックパートナー「VISA」の取材にも応じた。疲れた表情は一切見せず、持ち前の根性で乗り切った。

★沙羅ちゃんフィーバー

高梨は飛び級で入学した日体大を今春卒業する。来月10日には卒業式が行われ、同大助手でスピードスケート女子1500メートルで銀メダルを獲得した高木美帆とともに表彰される予定だ。高梨が所属契約を結ぶクラレは、競技が行われた12日が祝日だったにもかかわらず社員が集まり、高梨の応援を敢行。CM契約を結ぶ東海漬物は、来月から「きゅうりのキューちゃん」の新CMを放送予定。銅メダル効果で売り上げアップに期待を寄せる。

★高梨の銅メダルVTR

吹き付ける雪の中、1回目に103.5メートルで3位。2回目も103.5メートルを飛び、合計243.8点で銅メダルを獲得した。めまぐるしく変わる風にも対応し、「目標にしていた金メダルには届かなかったが、最後の最後に一番いいジャンプが飛べた。自分がまだ金メダルを取る器ではないと分かったし、まだまだ競技者として勉強していかないといけない部分もたくさんある」。山田コーチらの祝福に涙した。金メダルは今季急成長したマーレン・ルンビ(ノルウェー)で、合計264.6点。カタリナ・アルトハウス(ドイツ)が252.6点で銀メダルだった。

★2019年10月に決定

国際オリンピック委員会(IOC)は、2026年冬季五輪招致で各都市が立候補の可能性を探る第1段階の「対話ステージ」に札幌市、カルガリー、シオン(スイス)ストックホルムの計4都市が申請し、協議を始めた。第1段階の締め切りは3月末で、米国のデンバー、リノとタホ、ソルトレークシティーと、オーストリアのグラーツも興味を示しているという。

10月のIOC総会(ブエノスアイレス)で次の招致期間に進む都市が決まり、開催都市は19年10月に開かれるIOC総会(ミラノ)で決まる。

高梨 沙羅(たかなし・さら)

1996(平成8)年10月8日生まれ、21歳。北海道上川町出身。上川小2年でジャンプを始める。2012年、15歳4カ月でW杯初優勝。12-13年シーズンに、スキーのW杯史上最年少で個人総合優勝。14年ソチ五輪4位。15年の世界選手権個人4位、17年の世界選手権個人銅。W杯では通算100試合に出場し、男子のグレゴア・シュリーレンツァウアー(オーストリア)に並ぶジャンプ歴代最多の通算53勝を挙げる。1メートル52、44キロ。

No image

メダルセレモニーで銅メダルを提げてガッツポーズする高梨。次回北京大会では、さらに輝く色のメダルを目指す(撮影・納冨康)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

フィギュアスケートカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
羽生結弦、高木姉妹、小平奈緒、それとも...ソチの3倍となった平昌五輪報奨金ランキングのトップは?
【美の化身】女子フィギュア・カナダ代表のすっぴんとメイクのギャップがすごい / メイク前は無邪気な少女なのに...!
松岡修造が「かっこよすぎて泣きそうになった」 フィギュア宮原へのインタビューで株を爆上げ
会場ではブーイングも。ザギトワ金、メドベ銀の採点を巡って議論沸騰!
フィギュア・宮原知子が4位入賞 松岡修造の「神インタビュー」に称賛の声

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加