日本ハム 上沢4敗目も「粘り強く投げられた」千賀と1点を争う投手戦

日本ハム 上沢4敗目も「粘り強く投げられた」千賀と1点を争う投手戦

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/08/13
No image

ソフトバンク戦に先発した日本ハム・上沢=ヤフオクドーム

「ソフトバンク1-0日本ハム」(12日、ヤフオクドーム)

日本ハム・上沢直之投手(23)が7回1失点、今季最多の7奪三振と力投したが、打線の援護がなく4敗目を喫した。

立ち上がりから伸びのある直球にフォーク、カーブを交えた。三回2死一、二塁からデスパイネに中前適時打を許したが、失点はこの1点のみ。六回には先頭の柳田をフォークで空振り三振。七回2死一、二塁からは松田をフォークで空振り三振に抑え、ほえた。

千賀との1点を争う投げ合いに敗れ、試合後は「調子は悪くなかったです。ランナーを出しても粘り強く投げられた。2点以内にと思っていましたけど、反省するところは反省したい」と、謙虚に振り返った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
[全中]青森山田との決勝を夢見た日章学園は4強で散る(16枚)
なぜ今夏の甲子園はボールが飛ぶのか。本塁打増を解明する3つの仮説
オリックス・西が左手首骨折 打球直撃で4週間の固定が必要の診断
市立船橋vs千葉日大一
高校野球ドットコム
骨折のオリックス・西、中継ぎ陣の負担考え続投...ブログで心境吐露
  • このエントリーをはてなブックマークに追加