テリー伊藤、橋爪遼被告再犯防止へ「親の責任ある」

テリー伊藤、橋爪遼被告再犯防止へ「親の責任ある」

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/11/13
No image

テリー伊藤

覚せい剤取締法違反(使用)の罪に問われた元俳優の橋爪遼被告(30)に懲役1年6月、執行猶予3年(求刑懲役1年6月)の判決が下ったことを受け、テリー伊藤(67)は再犯防止に向けて「親としての責任があると思う」と述べた。

13日放送の日本テレビ系「情報ライブ ミヤネ屋」は、東京地裁が下した橋爪被告の有罪判決について取り上げた。テリーは遼被告の父で俳優の橋爪功の責任について、「逮捕されるまでは責任はない。ただ、ここからは親としての責任があると思う」と、同居する息子を更生させるためには家族のサポートが不可欠だとした。

またテリーは遼被告の再犯の可能性について「家に居る分にはまだいいですよ。ただ、一歩外に出ると、世間は厳しいですよ、冷たいし。その時にこの息子さんがそれに耐えられるか。耐えられなくてまた薬をやるというのはよくあること。そこの精神力を彼がどう持っていられるか。仕事もない、家に居るわけにもいかない、街をさまよう……」と懸念した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ダウンタウンが2位!? 「面白いお笑いコンビ」第1位は?
ヒロミ、貴ノ岩の言動に「俺たちの業界だとしたら」
安達祐実の“無修正”に反響
また次男が不祥事を起こしてしまった三田佳子
若槻千夏ににこるん「げっ!脱いでたんすか!」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加