大人の高梨沙羅「金」明言、屈辱のソチが変えたもの

大人の高梨沙羅「金」明言、屈辱のソチが変えたもの

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2018/01/12
No image

五輪代表に選ばれ笑顔を見せる高梨(撮影・黒川智章)

金メダルを取る-。全日本スキー連盟は11日、ジャンプ男女ら平昌五輪(ピョンチャンオリンピック)代表11人を発表。ジャンプ女子の高梨沙羅(21=クラレ)が、2大会連続で選出された。札幌市内で行われた記者会見では「金メダル」という言葉を何度も口にした。優勝候補として臨んだ14年ソチ五輪は4位に敗れる屈辱にまみれた。あれから4年。悔しさをバネに、心技体をそろえ「大人」になった高梨が悲願に挑む。

髪を20センチも切った「五輪イヤー・バージョン」のショートヘアで現れた高梨が、輝くメダルへのぶれない思いを伝えた。緊張感を漂わせる会見などで「金メダル」という言葉を5度も口にした。4年間で募らせたリベンジの思いは深い。「ほっとしている気持ちもあるがここからがスタート。気を引き締め直していきたい。平昌では金メダルを目指す。ソチの借りを返したい」と真っすぐ前を見て言った。

屈辱のソチ五輪が高梨を「大人」へと変えた。4位に敗れた4年前。「メンタル面が弱かった」と振り返り、技術だけでなく、心の強さを求めた。集中するあまり周りが見えなくなる自分を反省。ジャンプ台では他の選手の動きを観察し、周囲を見渡すことで広い視野を養った。

以前はジャンプひと筋だったが、20歳を迎えて化粧を覚え、さらに趣味のドライブで積極的に遠出をした。現地の人に触れ、見聞も広めた。「対応力、臨機応変に動けるようになった。それは4年前より上がった。成長した自分がどこまでやれるか楽しみ」と自信を見せた。

今季のワールドカップ(W杯)4戦で3位が2度。昨季、王手をかけた同競技で男女を通じて最多となる54勝目を前に足踏みする。2勝で分け合うアルトハウス(ドイツ)ルンビ(ノルウェー)が今季急速に力をつけ、今は追われる側から追う立場に変わったが「接戦になれば女子が注目されて盛り上がる」と歓迎する。もう目の前の結果に一喜一憂しない。競技を楽しむ姿が今は頼もしく映る。

今日12日(予選)から札幌、蔵王とW杯日本4連戦(団体戦を除く)を迎える。「内容を求めた先に結果がある。1戦1戦やるべきことに集中して平昌につなげたい」。荒ぶる思いを内に秘め、4年分の思いを2度目の大舞台にぶつける。【松末守司】

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
小島瑠璃子 ふっくらバストが眩しい貴重なビキニ姿は「こじるり無双」
隠れて酒が飲める「裏ワザ」画像が、超ナイスアイデアで震える...
【衝撃】ほぼ毎日ラーメンを食べる「1日1杯野郎ラーメン生活」を1か月間してみた結果
散歩中に愛犬が大変なモノくわえ赤面
動けなくなくなった飼い犬を山に置き去りにし死なせた登山者に非難殺到(英)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加