機械受注が過去最高の伸び率 景気判断は据え置き

機械受注が過去最高の伸び率 景気判断は据え置き

  • テレ朝news
  • 更新日:2019/08/14
No image

動画を見る(元記事へ)

設備投資の先行指標とされる6月の機械受注統計が比較できるなかで過去最高の伸び率となりました。

内閣府によりますと、6月の受注額は9603億円で前の月より13.9%増え、2カ月ぶりのプラスとなりました。伸び率は比較できる2005年以来で最高です。鉄道車両の大型案件や電機、情報通信などで受注が増えました。ただ、先月がマイナスだったことを考慮して、景気の基調判断は「持ち直しの動きがみられる」に据え置きました。また、7月から9月の見通しについては米中貿易摩擦などが企業の設備投資に与える影響も懸念され、6.1%の減少を見込んでいます。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ANA「女性登用は不公平」にどう対処したか
個人投資家・有限亭玉介:決算を超えて監視した銘柄群を一部公開【FISCOソーシャルレポーター】
ドイツ銀行大リストラを招いた、いまどきの「銀行と金融」の致命的弱点
ランボルギーニ アヴェンタドール ロードスター に「SVJ 63」...770馬力の創業記念車
ソフトバンク、歪な“親・子・孫・ひ孫”上場に懸念広がる...複雑な資金還流構造
  • このエントリーをはてなブックマークに追加