林文科大臣「存在確認できない」 “首相案件”文書

林文科大臣「存在確認できない」 “首相案件”文書

  • テレ朝news
  • 更新日:2018/04/17
No image

動画を見る(元記事へ)

加計学園の獣医学部新設を巡り、愛媛県が作成した「首相案件」と書かれた文書について、林文部科学大臣は「存在を確認できなかった」とする調査結果を発表しました。

林文科大臣:「当該の文書について、見たことがある、または共有したことがあると答えた職員はおらず、存在が確認できませんでした」
愛媛県は2015年4月に職員らが当時の柳瀬総理秘書官と官邸で面会し、柳瀬氏が加計学園の獣医学部新設について「首相案件」などと発言したとする記録文書を作成しました。また、県はこの文書を文部科学省や農林水産省などの担当者に渡した可能性があるとしていました。これを受け、文科省が担当課や幹部職員ら51人への聞き取りや共有フォルダーの検索をして調査を行ったところ、省内からは同様の文書は見つからなかったということです。一方、愛媛県側が官邸を訪問することについて、文科省の担当者が内閣府側から事前連絡を受けていたかについては調査中だとしています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
TOKIO・山口達也書類送検! 過去に逮捕歴がある他のジャニーズは?
ネット上での「デマ拡散」で11人が刑事告訴される!東名高速あおり運転事件で
閉鎖の旅館が倒壊寸前 景観が悪い」客らがクレーム
【炎上】TOKIO山口達也容疑者に強制キスされた女子高生に批判の声「女にはめられた」「ハニートラップ」「喜んで行く娘も居る」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加