Googleマップ、一部地域で店舗名を使ったナビゲーションをテスト中か

Googleマップ、一部地域で店舗名を使ったナビゲーションをテスト中か

  • Engadget
  • 更新日:2018/04/17
No image

スマートフォンで利用できるナビゲーションアプリの多くは、「○○m先を右折」「○号線を左折」など距離や通りの名前を使って指示を行います。よく知っている場所ならこれでも困らないのですが、初めての場所では曲がる場所がわからず、道を間違えた経験がある人もいるのではないでしょうか。

そのような不便を改善するためなのか、Googleマップの経路案内が店などのランドマークを目印として利用し始めたとの報告が上がり始めています。例えば、「○○m先を右折」の代わりに「バーガーキングを右折」といった感じです。

この指示の変更、少なくともニューヨークでは利用出来ているとのこと。

So @googlemaps instructed me to "turn right after Burger King" ... I think this is the best update yet. #mindblown
— Deemah MS (@iamdeemah)
2018年4月14日
from Twitter

Google Maps told me to make a right "right after the White Castle." Does it do that now?
— Scott Stein (@jetscott)
2018年4月14日
from Twitter

ただし、Googleは公式に何の発表もしておらず、一部地域、一部ユーザーのみでテストが行われている可能性もあります。また、どのような店舗や場所がナビで利用されているのかもわかりません。このため、新たな広告の一部(費用を払う代わりに店舗名を読み上げてもらう)ではないかとの見方もあるようです。

いずれにしろ、本来ナビが必要な不慣れな場所では、目印になる場所で指示してもらったほうがわかりやすいのは間違いありません。近いうちに何らかの発表があることを期待したいところです。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【本日のセール情報】Amazonタイムセールで最大80%以上オフも! モアプレッシャーの速乾加圧インナーやACプラグ内蔵のモバイルバッテリーがお買い得に
「Bluetooth」ってなに? Wi-Fiとの違いは? 接続方法や便利な使い方を徹底解説
Amazonアプリで米Amazonの商品が注文可能に 日本円で決済可能、最短2日で到着
アメリカのAmazonで扱う商品を日本から日本円で購入できる新機能が追加
エグいほど皮肉が効いてる 『スマホをやめて本を読め』という新書に擬態できるスマホケース登場
  • このエントリーをはてなブックマークに追加