大谷「とてもいい青年」新チームメートから歓迎

大谷「とてもいい青年」新チームメートから歓迎

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2018/02/14
No image

マイナーの施設で打撃練習をするエンゼルス大谷(撮影・菅敏)

エンゼルス大谷翔平投手(23)が、新しいチームメートたちに歓迎を受けた。

12日(日本時間13日)、もマイナー施設で自主トレ。キャンプインを2日後に控え、施設には昨季155試合に出場し19本塁打を放ったカルフーンや、同100試合出場のC・J・クローンらが姿を見せ、大谷と初対面した。09年のドラフト1巡目(全体40位)で、今季はローテ入りを大谷と争うスカッグスは「とてもいい青年だった。好印象だよ。(一緒に戦うのが)楽しみだね」と、早くも心をつかまえた。

この日はフリー打撃で27スイング中2本の柵越え。その後はバットをグラブに持ち替えて、キャッチボール、50~60メートルの遠投をこなした。今日13日(同14日)はバッテリー組の集合日。登板時はコンビを組むことになる捕手のマルドナードらとも対面し、いよいよメジャーでの挑戦が始まる。(テンピ=本間翼)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
小平の謎のカラフル帽の正体判明...オランダ流の祝福
ロッテオープン戦イベント 応援決起集会など
羽生善治竜王と藤井聡太六段の食事に「コンビニ飯」非難相次ぐ
住吉都さん死去 結城コーチ「悩んでいるというのは知っていた」
天国と地獄を見たプロ10年 オリックス伊藤が激白「捕手としていたい」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加