中国の「フェイスキニ」、オーストラリアで水着の新時代切り開くか―英紙

中国の「フェイスキニ」、オーストラリアで水着の新時代切り開くか―英紙

  • レコードチャイナ
  • 更新日:2017/08/13
No image

中国の「フェイスキニ」、オーストラリアで水着の新時代切り開くか―英紙

11日、中国のビーチですっかり夏の風物詩となった日焼け防止用の覆面「フェイスキニ」。英紙デイリー・メールは、中国で生まれ、使用者の頭全体を覆い、目と鼻、口だけのスリットを残したこの奇妙な水着が、オーストラリアで新時代を切り開くかもしれないと伝えている。

2017年8月11日、中国のビーチですっかり夏の風物詩となった日焼け防止用の覆面「フェイスキニ」。英紙デイリー・メールはこのほど、中国で生まれ、使用者の頭全体を覆い、目と鼻、口だけのスリットを残したこの奇妙な水着が、オーストラリアで新時代を切り開くかもしれないと伝えている。中国網が伝えた。

フェイスキニは、中国の女性が太陽の紫外線から繊細な皮膚を保護する目的で2004年に山東省の青島で考案された。さらにクラゲの刺し傷や海藻から身を守るのにも役立つとして、元会計士のジャン・シーファンさんが開発した作品は1年で3万枚売れるヒット商品となり、最近ではグッチやアルマーニの水着と一緒にグラビアに登場するなど海外進出も始めている。

フェイスキニの第1世代はヘッドウェアであったが、新しいモデルではフルボディースーツも登場している。デザインも、当初の単一なものから、最近ではカラフルなフェイスペイントで知られる京劇をイメージしたものまで発表されている。

ジャンさんは「国内外でファッションのアイコンになるまで、私はデザインを続ける」と話している。(翻訳・編集/柳川)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

中国・韓国・アジアカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
平昌五輪に新たな問題が・・・日本のネット民「こっちを当てにするな」=中国メディア
日本人が設計した深セン市の図書館が利用者を苦しめていると中国ネットで話題に
余罪数十件! プロ当たり屋「赤帽おじさん」が、ついに御用
「なぜ日本は過ちを認められない!?」=慰安婦ドキュメンタリーを見た外国の若者が憤慨―中国メディア
日本の順位が意外に低い?米メディアが評価した「強大国ランキング」が韓国ネットで話題に

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加