香川真司、「1点モノ」を2度外し、ガックリしながらレアル戦を語る

香川真司、「1点モノ」を2度外し、ガックリしながらレアル戦を語る

  • Sportiva
  • 更新日:2017/12/07

チャンピオンズリーグ(CL)グループリーグは第6節が終了、決勝トーナメントに進出する16チームが決まった。ドルトムントはすでに突破を決めているレアル・マドリードと対戦。2点をリードされ、一度は追いついたものの、最後はルーカス・バスケスに決勝ゴールを決められ、3-2で敗れた。

ドルトムントは6戦して勝ち点はアポエル(キプロス)から得た2のみ。各グループの3位はヨーロッパリーグ(EL)の決勝トーナメントに回るのだが、ドルトムントは8グループそれぞれの3位の中でも最低の勝ち点でELに回ることとなった。

この日もレアルに付き合うような形で、ドルトムントはテンションの低いサッカーに終始した。8分、12分にレアルが得点して2-0となると、レアルは早くも手を抜き始め、全体にスピード感も落ちた。

No image

レアル・マドリード戦に先発、後半ロスタイムまでプレーした香川真司

ドルトムントはこれで3試合目となる3-4-3のシステムに、まだ慣れることができないでいる。ボールの奪いどころがはっきりせず、連係ができていないから動きがない。動きがないからパスは隣にしか渡らない。守備ではブロックを作りきれず、サイドもまた連係の悪さを露呈。そこを突かれて失点する。かつてドルトムントのウリだったハイプレスからのショートカウンターは見る影もない。

そんなバラバラなチームの中で、唯一機能していたのが香川真司だったと言ってもいい。香川は中盤の左でプレーし、ボールを持つことでリズムに変化をつけながらチャンスを作った。しかし、香川になかなか効果的な縦パスは入らず、危険なエリアでボールを持つと激しくカゼミーロらが寄せてくる。それでも前半1本、後半1本それぞれ惜しいシュートを放った。

「前半も後半も明らかに”1点モノ”でした。チームとしての形が出たなかで決めきれなかったというのは、本当に悔しい。またそれを徹底してやるしかないと思います」

自分から “1点モノ”と言うくらいの惜しいチャンスだった。ひとつ目は27分。クリスティアン・プリシッチが右サイドからカットインして出したスルーパスに抜け出したが、ディフェンダーに阻まれた。後半のチャンスは88分。ラファエル・ゲレイロからのパスを受けてドリブルからフリーでシュートを放ったが、ボールは大きく枠を外れた。

「試合が終わってみんなに『流し込むだけでいいんだよ』って言われたけど、それはわかっているけど、足をつっていたので、そこで冷静な判断ができるくらいの(状態ではなかった)……。でも逆に、シュートまでは冷静な判断ができていたからこそ、悔やまれると思います」

チームメイトからツッコミを受けるほどの絶好機をそう振り返りながらうなだれた。

香川にとって所属チームとレアルとの対戦は過去にもあるが、実際にピッチでプレーするのは2試合目になる。最初はマンチェスター・ユナイテッド時代の2013~14シーズンで、このときはアウェー戦のみ出場。ドルトムント復帰後の昨季は、ホーム、アウェーともにベンチ外だった。10月に行なわれた今季のホーム戦はベンチにこそ入ったが、出場はなかった。

「マンUのときに、ここ(サンチャゴ・ベルナベウ)でやった衝撃をすごく覚えている。今回は彼らにとって消化試合に近いから、そういう雰囲気みたいなのがあって、だからこそチャンスはあると思っていた。そこを突きたかった。でもやはり、最後のところで(得点を)取り切る力であったり、ゴールに持っていく雰囲気というのは(レアルに)あった。特に70分以降は、いつ入ってもおかしくなかった中で(ドルトムントは)耐えていた。意外なゴールをああやって決められるのは、それこそレアルだなと思いました」

初めて対戦したときの大きな衝撃こそなかったものの、実力差は認めざるを得ないというところか。

試合後のドルトムントはかなりバタバタしていた。ミックスゾーンと呼ばれる取材エリアに、普段は姿を見せない広報担当者が入ってきた。ドイツメディアにはマルセル・シュメルツァー、ネヴェン・スボティッチ、ヌリ・サヒンの3人の取材だけが許され、しかも主将であるシュメルツァーが取材を受けている間には、2人の広報担当者がつきっきりで対応していた。

これでブンデスリーガとCLを合わせて8戦連続で勝ちがないドルトムントでは、日ごとに緊張感が高まっている。

進退についての噂が消えないペーター・ボス監督は試合後、「レアルのようなビッグクラブ相手にもサッカーができることを示した。まずはひとつ勝つことが大切だ」と語ったが、その言葉は虚しく響いた。ウィンターブレイクまで残り2週間。クラブはどんな方向性を示すのだろうか。

◆ヤバいぞ、ハリル。セネガルは組織力アップ、吉田麻也の元同僚が大暴れ>>

◆まずいぞ、ハリル。コロンビアは前回より大幅強化、日本など眼中になし

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
FW不在の緊急事態...ケルン、超守備的姿勢でバイエルンに挑むも後半の1失点で13敗目
【FIFA クラブワールドカップ 2017 UAE レアル・マドリー vs アル・ジャジーラ ハイライト】【ハイライト動画】再び開催国王者に苦しめられるも、ロナウド&ベイルのゴールで逆転勝利のマドリーが決勝進出
レアルがアルジャジーラに大苦戦 先制許し、あわや2失点目も...C・ロナウド&ベイル弾で逆転勝利
Instagram、日本で最も人気だったハッシュタグは?<2017年ハイライト>
2G1Aの岡崎慎司、文句なしのMOM。と思いきや...英紙、別の選手を選出!?

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加