「満足度が最も高い自動車メーカー」トップ10に日本から6社がランクイン

「満足度が最も高い自動車メーカー」トップ10に日本から6社がランクイン

  • ZUU online
  • 更新日:2017/10/13

「消費者の満足度が最も高い自動車メーカー・ランキング」で、日本からはトヨタがレクサスと並んで首位を獲得したほか、スバル、マツダがトップ10入りを果たした。トップ25には6社が選ばれた。

ランキングは「米国顧客満足度指数(ACSI)」の自動車メーカー部門のスコアに基づいて作成されたもの。ACSIは米国の消費者3766人を対象に、2016年12月~2017年7月にかけて実施された。

■消費者の満足度が最も高い自動車メーカー25社

25位 Fiat
22位 ダッジ 75ポイント
21位 三菱 78ポイント
20位 フォード 79ポイント
20位 フォルクスワーゲン 79ポイント

16位 アキュラ 80ポイント
16位 ビュイック80ポイント
16位 ジープ 80ポイント
16位 日産 80ポイント(
14位 シボレー 81ポイント
14位 ホンダ 81ポイント

9位 アウディ 82ポイント
9位 BMW 82ポイント
9位 Kia 82ポイント
9位 マツダ 82ポイント
9位 Volvo 82ポイント
6位 キャデラック 83ポイント
6位 ヒュンダイ83ポイント
6位 リンカーン 83ポイント
4位 メルセデス・ベンツ 84ポイント
4位 GMC 84ポイント
3位 スバル 85ポイント
1位 レクサス 86ポイント
1位 トヨタ 86ポイント

■トヨタは自動車全3部門で首位獲得 キャデラックやアキュラの人気が急上昇?

日本の自動車メーカーの人気は健在だが、キャデラックやアキュラ(ホンダが米国とカナダで立ち上げた高級車ブランド)が大幅にスコアを上げたのとは対照的に、トヨタやスバル、三菱、マツダはわずかな上昇を見せたのみ。ランキング中最もスコアが落ちたホンダや変動なしの日産など、若干の低迷ムードは否めない。

そうはいうものの特にトヨタは上記の「自動車・軽量者ランキング」のほか、高級車および大量生産車でも1位という快進撃を成し遂げた。

総体的な平均スコアは81ポイント(前年比1.2%減)。2013年と比較すると、米国、日本、欧州共に平均スコアが下がっている。VWの排気ガススキャンダルが世界中で報じられた2015年以降、それまでACSIでトップを独走していた欧州が失速し、日本と逆転することとなった。

報告書では「米国の消費者が自国よりも海外の自動車に、より高い満足感を示している」点が指摘されている。トップ25のうちスコアが上がったメーカーは12社、下がったのは8社。2017年前期の自動車販売台数は11.4%減だった。(アレン・琴子、英国在住フリーランスライター)

ZUU online

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
分散型ゲームプラットフォーム「MOLD」、仮想通貨を事前販売
ビットコイン、再び分裂か―「ビットコインゴールド」誕生、ただでもらえる可能性も
米「洋服借り放題」サービス、若者向けに月額を値下げ
あの「倒れないバイク」に、かっこよくなった新型 ホンダが東京モーターショーで展示
東北新幹線「はやぶさ」が半額に 八戸開業15周年でネット限定商品発売 JR東日本
  • このエントリーをはてなブックマークに追加