霧島山(新燃岳)、火口から概ね2キロの範囲では警戒を 気象庁

  • 西日本新聞
  • 更新日:2018/01/12

気象庁は12日、霧島山(新燃岳)=火口周辺警報(噴火警戒レベル3、入山規制)が継続=の活動状況を発表。霧島山の深い場所でマグマの蓄積が続いており、新燃岳では火山活動がやや高まった状態が続いていると判断。弾道を描いて飛散する大きな噴石が、火口から概ね2キロまで到達、火砕流の場合は概ね1キロまで達する可能性があるとして、火口から概ね2キロの範囲では警戒するよう呼びかけている。

=2018/01/12 西日本新聞=

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
首都圏の雪予想 4年前の大雪と同じパターンの可能性も
東京の雪 帰宅時や朝の通勤時の影響は
父を刺し死なせた慶應大生 恵まれた人生を覆った父のDV疑惑
【寒波】最後にもう1度だけ言うけど、来週  “とんでもないこと” が起こります / 月曜が合図で、そのあと終わりが来ます
河川敷の遺体 行方不明の3歳男児と判明 福井
  • このエントリーをはてなブックマークに追加