最新ランキングをチェックしよう
震災で家族を失った女性 絶望の日々を支えたのは愛犬だった

震災で家族を失った女性 絶望の日々を支えたのは愛犬だった

  • sippo
  • 更新日:2018/03/13

東日本大震災を題材にした子ども向けの本が数多く出版されてきました。被災地の苦難だけでなく、強く生きる人たちの姿や、そこで生まれた希望を伝えています。
 岩手県大槌町の小畑幸子さん(83)は先月13日、こんな短歌を詠んだ。「相棒も土に帰りて丸三年なれど私は昨日のごとくに」
 相棒とは、2015年にこの世を去った愛犬の太刀(たち)のこと。今でも太刀と過ごした日々が昨日のことのように頭に浮かぶ。
 小畑

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
「温泉に入っただけ」で男性が4年間も意識不明に その原因に「背筋が凍る」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加