出光興産と昭和シェルが役員を相互に派遣---経営統合を加速

出光興産と昭和シェルが役員を相互に派遣---経営統合を加速

  • レスポンス
  • 更新日:2018/02/14
No image

出光興産の社長に就任する木藤俊一氏

もっと画像を見る
出光興産と昭和シェル石油は経営統合を加速するため、役員を相互に派遣する。

出光興産は、関大輔副社長と元常務で昨年6月に退任した斉藤勝美氏が昭和シェルの取締役候補に内定した。昭和シェルが3月28日に開催する予定の第106回定時株主総会で正式決定する予定。

昭和シェルの小林正幸執行役員・石油事業COOを退任し、4月に出光興産の経営委員会社外委員に就任する。新留加津昭常務執行役員も4月に出光興産経営委員会社外委員に就任する。

出光興産と昭和シェルは資本提携しており、経営統合を目指しているが大株主の反対によって実現していない。今回の役員派遣を通じて両社の協業と、経営統合への取り組みを加速するとしている。

一方、出光興産は4月1日付けで木藤俊一副社長が社長に昇格する人事を内定した。月岡隆社長は代表権を持つ会長に就任する。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
一夜にして5千万円近くが消失、“恐怖指数”金融商品の恐怖
ソニーと都内タクシー6社、AI技術を活用した配車サービス開発へ
大王製紙の没落...創業家がカジノ狂いで横領事件、抗争に明け暮れ業界再編に乗り遅れ
三越伊勢丹、ブランド力過信し成長停滞...前年比4割減益で赤字転落寸前
BTC、11000ドル台で堅調、韓国規制当局の規制強化への脅威が後退【フィスコ・ビットコインニュース】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加