低賃金よりストレス...!働き女子の「最大の悩みのタネ」あの人への対処法

低賃金よりストレス...!働き女子の「最大の悩みのタネ」あの人への対処法

  • BizLady
  • 更新日:2016/11/30
No image

働き女子にとっての悩み、それは職場でのありとあらゆるストレス。

どんなに仕事が好きでも、環境にストレスがあると、嫌になってきますよね。

あなたのそのストレスの根源は何ですか? 働き女子たちは、どんなことにどのくらいストレスを感じているのでしょうか?

ある調査によって、その現状が明らかになっています。その中身は、とっても生々しいものでした……!

■「強くストレスを感じる」働き女子は約7割……「かなり強く感じる」人も

エン・ジャパン株式会社が、仕事上のストレスに関するアンケート調査を実施。2,237名 に対して行われたその調査、対象は全員女性。

つまり現代の働き女子たちのリアルな叫びが詰まった調査結果となっている、といえます。

その中でまずは、「仕事上でストレスをどの程度感じますか?」と質問。回答はご覧のようになっています。

・かなり強く感じる・・・19%

・強く感じる・・・50%

・あまり感じない・・・29%

・ほどんど感じない・・・2%

約7割の女性が「強くストレスを感じる」と回答。「かなり強く感じる」と答えた人の約2割という割合も、少ないものではありません。

仕事にストレスは付き物、とわかってはいても、強く感じるほどのストレスはない方がいいに決まっていますよね。

ではそんな厄介なストレスを起こさせている憎き対象、それはいったい何なのでしょうか?

■2人に1人が……! 「強いストレスの元凶は、同僚・後輩!」

1位 同僚・後輩との人間関係・・・42%

2位 上司との人間関係・・・23%

3位 給与が低い・・・17%

4位 仕事量が多い・・・11%

5位 仕事内容が合わない・・・10%

上記は同調査の2つ目の質問、「仕事で特にストレスを感じるのはどのような点ですか?」に対する回答割合です。

他を引き離す、ダントツの答えが「同僚・後輩との人間関係」。4割強ということは、ざっくり言って2人に1人が同僚や後輩に、日々イライラモヤモヤしている、ということ。

実際どんな状況にストレスを感じているのか、理由の一部を見てみると、「席を外した人の悪口にもなりかねない話が始まるとヒヤヒヤする」「⼥性が多い職場は派閥ができたり、悪口を聞かされたりで気を遣う」などの意見が。

これらを見ると、悪口を言ったりして周囲をかき回す張本人より、それを傍で見ている側にストレスがかかっているのかもしれない、という現状が浮かび上がります。

こうして人の意見を聞いているだけでもモヤモヤとしてくる、こんな状況。万が一あなたが遭遇した場合の具体策はあるのでしょうか?

■いざこざに巻き込まれないために! 厄介な同僚への究極の対処法

毎日、長時間過ごすことになる職場……できることなら穏やかに過ごしたいもの。

しかし、いくら自分がそう心掛けても、イザコザに巻き込もうとしてくる厄介な同僚もいるでしょう。

ですが、職場での悪口や諍いに絡んで良いことなんてひとつもありません。

そそのかされても、かわすこと。挑発にも乗らないこと。そうすることで、ストレスを最小限に止めることは可能です。

それでもしつこく絡んでくる相手なら、いっそ“必要最低限の接触しかしない”と割り切ってしまってもいいかもしれません。

もちろん、完全無視をする、など極端な避け方ではNG。大人として、上手に距離を置きましょう。

以上、職場での最大のストレスの実態とその対処法でしたが、いかがでしょうか?

人間関係の悩みって、本当に厄介……でも、あなたはその職場に骨を埋めるとは限らないし、厄介なその同僚は思いがけずいなくなるかもしれない。

それに、あなたにストレスをかけるような相手の為に悩んであげることもありません。そんな時間はもったいない!

そこに気付けば、それまでストレスだったものが違う何かに変わるかもしれませんよ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【ざっくり解説】船が “突然消える” 魔の三角海域「バミューダトライアングル」とは何なのか?
「世の中ウソばっかり!」決定的に何かが間違ってる例いろいろ
どうして...?女性がスーパーで「エッチな気分になっちゃう」食べ物4選
オモシロすぎる!実在の高校名ランキング 3位「飯田OIDE長姫高等学校」
「2時間飲み放題」で酒が出てこない、返金要求できる? マツコは店に配慮「大変よ」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加