最新ランキングをチェックしよう
旭化成が水素事業に本格参入 再生エネ余剰電力を活用

旭化成が水素事業に本格参入 再生エネ余剰電力を活用

  • 産経ニュース
  • 更新日:2017/09/15

旭化成は水素プラント事業に本格参入する。風力発電や太陽光発電の余剰電力を使って、アルカリ水から水素を生成し、製造時に二酸化炭素(CO2)が発生しない「グリーン水素」として売り込む。独自の膜技術を活用し、水素に変換するエネルギー効率は世界最高水準になる。今年度中にドイツでの受注を目指す。
 同社の水素生成技術は、リチウムイオン電池などの主要部材である絶縁膜の「セパレーター」を活用する。電気分解の際の

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
TPP会合閉幕、来月改めて都内で会合
スズキ、SUV「e-SURVIVOR」ほか「東京モーターショー2017」出展概要を発表(画像11枚)
機能性表示食品の発売相次ぐ 健康志向で高付加価値路線 参入も容易
ファイルメーカー、iPadとFileMakerをビジネスに導入した新たな事例を公開
スズキ、新型クロスオーバー「クロスビー」初披露へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加