「響け!ユーフォニアム2」8話。これから全国大会だというのに暗雲が

「響け!ユーフォニアム2」8話。これから全国大会だというのに暗雲が

  • Excite
  • 更新日:2016/11/30

熱血根性吹奏楽アニメ「響け!ユーフォニアム2」5話。今回は部に来られなくなった副部長あすかと、大学を辞めたがる久美子の姉の回。
見逃した人はニコニコ動画AbemaTVで見られます。

No image

今回、風邪をひいた久美子の元に、高坂麗奈が見舞いにくるシーンがある。
他の友だちの差し入れは、ガチャフィギュア、プリン。
麗奈が久美子に持ってきたのは新品のCD。
値段差ありすぎでは。
麗奈、愛の深い女。仲良しノルマ達成。

ケンカは大事な一歩

吹奏楽部のカリスマ、副部長の田中あすかが、親の都合で部に来られなくなった。
久美子の姉の麻美子が、大学をやめたいと親と大喧嘩を始めた。
熱を出した久美子は、姉と口論した。

問題だらけの重たい回だ。
せっかくこれから全国大会だというのに、暗雲立ち込めている。部の演奏も、音が辛気臭くなる。

しかし、全体に漂う空気はそこまで暗くない。
今までにないくらい、久美子がはっきりと自分の意思を表明しているからだ。

1つは、久美子が、部を辞めて受験に専念しだした葵と話しているシーン。
三年生の葵は言う。
「あすかって、なんでもうまくこなしちゃうから、そういうのとは無縁な人なんだと思ってたよ」
久美子は静かに、強く言う。
「そんなことないよ。そんなこと、ないでしょ」

傍観者的な彼女が、麗奈以外の人のことについて、迷いなく感情を露わにするようになった。
ぼんやり受け身気味なことが多い彼女の、大きな成長だ。

2つめは姉の麻美子との会話。
麻美子は、吹奏楽なんて役に立たない、大学に行けと姉が言い続けていた。なのに、自分が中退する矛盾の姿勢を見せたことで、久美子はいらだつ。
「あたしだって久美子みたいに部活を続けたかった、トロンボーンだって辞めたくなかった!」と麻美子は親とのケンカで言い出した。
自室に麗奈が遊びに来ているのにもかかわらず、姉に叫ぶ。
「続けたかったなんて言わないでよ!吹奏楽嫌いなんでしょ?だったらあんなこと言わないでよ、今になって、続けたかったなんていうのずるいよ」

久美子は、姉が大学に行ってからほとんどしゃべっていない。
今回の大学中退問題が出てからも、なるべく接しないよう避けていた。
そして、彼女が怒鳴れる相手は、姉だけだ。

今回で、久美子が幼少期に、トロンボーンを吹いていた姉に憧れていたこと、一緒に演奏をしたいから楽器をはじめたことが明かされる。
演奏する姉が、かっこいいと思っていた。
だから、今グダグダに矛盾している姉に対して、感情が制御できない。
姉に対し、吹奏楽に対し、本音をはっきり述べたのは、姉妹関係においての進歩であり、自分の「好き」の気持ちの再確認だ。

幼いころ久美子が読んでいた絵本、「しろいこいぬとくろいこいぬ」。
ガース・ウイリアムズの「しろいうさぎとくろいうさぎ」に、絵柄が非常によく似ている。

No image

いつまでも仲良く一緒にいたいと願う、二匹のうさぎの物語。
このアニメのオープニングで、麻美子が幼い頃の久美子にトロンボーンを吹かせてあげているシーンがある。
麻美子は、嬉しそうだ。久美子は、楽しそうだ。
あの喜びは、今は2人の中にはない。

ゆらがない男性の目線

今回は3人の男性が目立っていた。
いずれも、子どもたちに信頼感を与える、揺らがない教育姿勢を見せている。

・久美子の父親
久美子の父親、黄前健太郎は昔ながらの、厳格な父だ。
今までの回を見ると、あまりしゃべる方ではなさそうだ。

姉の麻美子が大学を辞めて美容師になりたい、と言った時。
「大学に行くと決めて、受験したのはお前自身だ。違うか。もし本当に辞めるなら、この家から出ていきなさい。生活費も、美容師になる費用も、自分でなんとかしろ」
「リスクを背負わずに、やりたいことができると思うな。お前の言っていることは、あまりにも自分に都合が良すぎる。本気なら覚悟を示せ」
厳しい言葉だが、「自分で覚悟して挑むのならばやれ」という意味をちゃんと含んでいる。
久美子曰く、家賃も学費も親に払ってもらっている麻美子。
自由を奪うのではない。
行動には責任が伴う。母親にさんざん食いついた麻美子も、何も言い返せなくなっている。

・滝先生
「田中さんが今週末までに、部活を続けていくことの確証が得られなかった場合、全国大会の本番は中川(夏紀)さんに出てもらうことにします」
最初から「決定」として、顧問の滝先生は発表した。

7話では、部活動を辞めさせようとする田中あすかの母親に対して、確固とした態度で話している。
「私は何があっても、その退部届を受け取るつもりはありません」「私は本人の意思を尊重します。田中さんが望まない以上、その届けは受け取りません、何があってもです」

今回、全国大会の本番で夏紀と変更する話をしたのは、彼だけが決めたことではない。
あすかと夏紀が、そうしたいと言ったからだ。
夏紀はすでに練習を始めているし、あすかは「迷惑はかけない」と繰り返し宣言している。

7話では、根も葉もない噂で揺れる部に対し、はっきりした言葉のみで否定している。
教師側に心配がないわけがない。しかしそれを絶対出さず、きちんと事実だけを伝える姿勢は、子どもたちの不安を取り除く。

・橋本先生
このタイミングで橋本先生を呼んできたのは、滝先生の計算だろう。
橋本先生はズバズバものを言いつつ皆を盛り上げるタイプ。
外部の人に、気を使われずに、率直に演奏の感想を言われるのが、何より今はキくはずだ。

「みんな全然面白くなさそうだよ?」「いろんな学校の子に言ってるけど、ぼく実はコンクールってあんまり好きじゃない。一生懸命やってるなら、金でも銀でもいいって思ってる」
「音を楽しむと書いて音楽。金だの銀だの意識して、縮こまって堅くてジメジメした演奏になってたら、意味がない」

コンクールが好きか嫌いかの話は、鎧塚みぞれ・傘木希美をはじめとした2年生のトラブルで何度も問われてきた。
橋本先生はプロであり、夏の合宿の時に非常に厳しい指導をしてきたのを、みなが知っている。
「頑張れば金でも銀でもいい」のではなく「金でも銀でもいいけど、いい演奏をしなければ意味がない」ということだ。
麗奈が言っていた、好き嫌いの話は「勝者の意見」、と意見と重なってくる。

「いろんな学校の子に」の一言も大きい。
今皆が苦しんでいるのは、一人の生徒のこと。
たくさん学校があって、たくさんの生徒が頑張っていて……視点がちょっとでもずれれば、自ずと視野は広くなる。

次回9話は、この作品のタイトルでもある「ひびけ!ユーフォニアム」。
誰も知らない田中あすかの素顔に、久美子が踏み込む。カモンジョイナス!
……ほんと久美子って「巻き込まれ」じゃなくて「地雷ふんじゃった」体質なんだよなあ。

今夜スタート「響け!ユーフォニアム2」青春はやり直せないことだらけだけど、1期を振り返ってみた
初回からタブーに踏み込んだ「響け!ユーフォニアム2」
「響け!ユーフォニアム2」2話。吹奏楽部崩壊といじめの傷跡
「響け!ユーフォニアム2」3話。うざい先輩って、正直な人ってことだよ
「響け!ユーフォニアム2」4話。人って打算的に動くもの、かなあ
「響け!ユーフォニアム2」5話。金で喜ぶわけにはいかない
「響け!ユーフォニアム2」6話。大事なものを喪失したら
「響け!ユーフォニアム2」7話。優子「あんまり舐めないでください」

(たまごまご)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「2時間飲み放題」で酒が出てこない、返金要求できる? マツコは店に配慮「大変よ」
【絶対にわからん】解けたら人類の限界を超えた目を持っていると判明する問題が世界中で話題に!!
女として見れねぇ......! 「幼児体型な女性」の特徴6つ
仰天!江戸時代の「避妊術」がスゴい
「この老夫婦、40年前の姿が想像できたら神だと思う...」孫が見たら仰天しそうな写真
  • このエントリーをはてなブックマークに追加