ソ連版「ロード・オブ・ザ・リング」がYouTube再生回数120万回突破

ソ連版「ロード・オブ・ザ・リング」がYouTube再生回数120万回突破

  • 映画.com
  • 更新日:2021/04/08
No image

ロシア語版が約30年ぶりに発見(画像は、ハリウッド版「ロード・オブ・ザ・リング」) 写真:Jerry Watson/Camera Press/AFLO

ソビエト連邦時代に制作されたテレビ映画版「ロード・オブ・ザ・リング」がYouTubeに投稿され、3月27日の公開から約11日間で合計120万回以上の再生回数を記録している。

英ガーディアン紙によれば、同作は1991年にレニングラード・テレビジョン(現5TV)が制作したロシア語作品。アーカイブから紛失したと思われていたが、約30年ぶりに発見され、5TVが2編に分けてYouTubeで公開した。

英ガーディアン紙によれば、ソ連下で制作された唯一の「指輪物語」映像化作品と考えられているとのこと。3部作の第1部「旅の仲間」を基にしており、ピーター・ジャクソン版で描かれなかったトム・ボンバディルのエピソードも含まれているようだ。

ロシアのある出版社によれば「ファンたちが長年探していたが見つけられずにいた」番組だという。衣装やセットは素朴で、特殊効果はチープな低予算作品だが、ロシアで絶大な人気を誇るロックバンド「アクアリウム」のキーボーディスト、アンドレイ・ロマノフが作曲を担当。中つ国ファンだけでなく、ロシア文化に興味がある人にとっても一見の価値がありそうだ。

パート1(https://www.youtube.com/watch?v=vquKyNdgH3s)、パート2(https://www.youtube.com/watch?v=oLevCLNnLmg)ともに無料で視聴可能だ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加