前回覇者ミケルソン、全米プロの出場辞退 2月以来欠場続く

前回覇者ミケルソン、全米プロの出場辞退 2月以来欠場続く

  • AFPBB News
  • 更新日:2022/05/14
No image

男子ゴルフのフィル・ミケルソン(2022年1月27日撮影)。

【AFP=時事】男子ゴルフのフィル・ミケルソン(米国)が、大会連覇が懸かっていた第104回全米プロゴルフ選手権の出場を辞退した。全米プロゴルフ協会が13日に発表した。

51歳のミケルソンは、昨年の全米プロで史上最年長でのメジャー制覇(通算6勝目)を達成。しかし、サウジアラビアが後援する新リーグで、PGAツアーのライバルとなるリブゴルフ・インビテーショナルを支持するなどの発言が物議を醸した2月以降、欠場が続いている。

先月には1994年以来、マスターズ・トーナメントを欠場。1993年に初出場した全米プロを欠場するのも今回が初めてとなる。また、1シーズンにメジャー2大会を見送るのは、全米オープン選手権と全英オープンを欠場した1993年以来となる。

ミケルソンのPGAツアーへの復帰時期、また復帰自体は依然として不透明な状況となっている。【翻訳編集】AFPBB News

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加