オリックス・杉本がパ独走31号「なんとか一矢報いたいと」9回意地の一発

オリックス・杉本がパ独走31号「なんとか一矢報いたいと」9回意地の一発

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2021/10/16

◇パ・リーグ オリックス2-8ロッテ(2021年10月13日 京セラD)

No image

<オ・ロ24>9回2死一塁、2点本塁打を放ちポーズを決める杉本(撮影・後藤 正志)

敗戦の中でオリックスの主砲が意地を見せた。

0―8の9回に杉本がリーグトップを独走する31号2ラン。石川の完封を阻止する一発は今季ロッテ戦13発目。球団では69年に長池徳二が同じロッテ戦でマークした同一カードのシーズン最多本塁打記録に並んだ。

「なんとか一矢報いたいと思っていましたし、明日14日につなげていきたい」と逆襲を誓った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加