BLACKPINK・リサ、ワールドツアーのフィナーレで見せた勇姿に反響。予期せぬアクシデントにも動じず

BLACKPINK・リサ、ワールドツアーのフィナーレで見せた勇姿に反響。予期せぬアクシデントにも動じず

  • スポーツソウル日本版
  • 更新日:2023/09/19

BLACKPINK・リサが、予期せぬアクシデントをものともしないプロ意識の高さで注目を集めている。

【関連】リサ、「再契約せず大富豪と結婚」で有終の美を飾るのか

リサは17日、ソウル高尺スカイドームで開催されたワールドツアー「BLACKPINK WORLD TOUR[BORN PINK]FINALE IN SEOUL」のステージで突然のアクシデントに直面したが、ステージを完璧にやり遂げスタッフを気遣う姿まで見せた。

リサはこの日の公演で、ステージ上に設置された階段でダンサーらと共にソロ曲『MONEY』のパフォーマンスを披露した。この過程で、リサを撮影しながら階段を降りたカメラマンが足を踏み外してリサの前で転倒するというアクシデントが発生したのだ。

転倒したカメラマンは階段下の床まで転がり、その様子を見たリサは即座に心配そうな表情を浮かべてカメラマンの安全を確認。その後、再びパフォーマンスに戻ったリサは何事もなかったかのように完璧なパフォーマンスを披露した。

No image

(写真提供=OSEN)リサ

一連の流れを目にしたファンはリサの落ち着いた対応とプロ意識の高さに感嘆の声を惜しまず、会場の熱気は一層増した。

奇しくも、この日の公演は「BLACKPINK WORLD TOUR[BORN PINK]」のフィナーレを飾るラストステージであった。北米、ヨーロッパ、アジア、中東など計34都市66回の公演で構成されたワールドツアーのフィナーレとなったソウル公演でリサの勇姿を目の当たりにしただけに、ファンの熱狂ぶりは相当なものだった。

なお、リサの所属するBLACKPINKはデビュー7周年を迎え、世間では所属事務所YGエンターテインメントとの再契約に関する議論が絶えず交わされている状況だ。YGエンターテイメントは現時点で「再契約と今後の活動計画については確定しておらず、協議中の段階」という立場を明らかにしている。

◇リサ プロフィール

1997年3月27日生まれ。本名ラリサ・マノバン。グループ唯一のタイ出身メンバーで、2010年にタイで行われたYGエンターテインメントのオーディションでただ1人合格し、2016年8月にBLACKPINKのメンバーとしてデビューした。ダンスの実力に定評があり、長い手足を生かしたダイナミックなパフォーマンスは圧巻。ステージで見せるクールな姿とは裏腹に、天真爛漫な性格。

スポーツソウル日本版

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加