「麒麟」天台座主に春風亭小朝“人”の表現フル稼働

「麒麟」天台座主に春風亭小朝“人”の表現フル稼働

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2020/11/22
No image

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」で覚恕役を演じた春風亭小朝(C)NHK

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」33回「比叡山に棲(す)む魔物」が22日、放送された。戦国時代のハイライトのひとつである比叡山焼き打ちが描かれ、明智光秀(長谷川博己)に立ちはだかる延暦寺の天台座主、覚恕(かくじょ)役で落語家春風亭小朝が登場した。

織田を京から一掃するため、朝倉軍に力を貸し暗躍する役どころ。金と権力のモンスターぶりと、背景にある美しい兄、正親町天皇(坂東玉三郎)への強い劣等感を立ち上げた。

演出の一色隆司氏は「覚如の役はキャスティングがすべて。早い段階から、ほぼ小朝さんの一択だった。怪物で、高貴で、あわれで、すごいのひと言でした」。

醜いという設定でありながら、きちんと玉三郎の弟に見えるような、品格と人間の業を表現できる人として起用したという。「感情がどんなに高ぶろうとも、すべての言葉がはっきり聞き取れるのには舌を巻きました」。また「噺家さんは1人でいろんなキャラクターを演じる。落語を通じて培ってきた数千、数万のキャラクターの中から、『人』の表現をフル稼働して作ってくださった」と話している。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加