テニス=ジョコビッチ巡り、故郷ベオグラードでは議論沸騰

テニス=ジョコビッチ巡り、故郷ベオグラードでは議論沸騰

  • ロイター
  • 更新日:2022/01/15

[ベオグラード 14日 ロイター] - テニスの四大大会初戦、全豪オープン(OP)出場のためにオーストラリア入りしたノバク・ジョコビッチ(34、セルビア)のビザ(査証)が再び取り消された問題を受け、ジョコビッチの故郷ベオグラードの一部市民からは、ワクチン接種拒否が同選手のキャリアの障害となる可能性があるという意見が聞かれた。

No image

テニスの四大大会初戦、全豪OP出場のためにオーストラリア入りした男子の世界ランキング1位ノバク・ジョコビッチのビザが再び取り消された問題を受け、ジョコビッチの故郷ベオグラードでは、ワクチン接種拒否が同選手のキャリアの障害となる可能性があると見ている人々が多いようだ。マドリードで2021年12月撮影(2022年 ロイター/Susana Vera)

新型コロナウイルスのワクチン接種義務に反対しているジョコビッチ。医学的理由で新型コロナウイルスのワクチン接種が免除されたとして、今月5日には全豪オープン出場のためにメルボルンに到着した。

いったんはワクチン接種の要件を満たしていないとして入国できず、ビザが無効とされたものの、豪裁判所によって当局の決定が取り消されたために入国。ところが、オーストラリア政府は14日にジョコビッチのビザを再び取り消すと発表した。

同選手は、弁護士との面談を認められつつも、現地時間15日午前8時(日本時間15日午前6時)に入管の勾留施設に戻るよう政府から命じられた。なお、ジョコビッチ側は異議を申し立てている。

四大大会最多タイ20勝を誇り、セルビア史上最高のアスリートと敬われるジョコビッチだが、この一連の騒動を受けて、故郷ベオグラードの人々も同選手のワクチン接種拒否の姿勢がその輝かしいキャリアの障害になるのではと考えているようだ。

ヨボ・タディッチさんは、ロイター通信に対し「彼らの国では彼らのルールがある。もし、オーストラリアが入国のためにはワクチンを接種しなさいと言うのなら、接種すべき。そうでなければ、問題が起こる」とコメント。別のベオグラード市民、マルコ・スタニッチさんも「おそらく彼は、別の大会でも問題に直面するだろう。全ての大会でワクチン接種が義務になりそうだから。トップにとどまりたいのなら、彼は接種しなければならない」と話した。

また、アナ・ボジッチさんは「世界ナンバーワンでいるためにワクチンを接種するか、意固地になってキャリアを終わらせるかの選択」と厳しい言葉を投げかけている。

その一方で、一部の市民からは「彼は(オーストラリアで)9回もグランドスラムを制覇したのに、自分たちの問題のために、彼を惨めな移民のように扱っている」など、5月に選挙を実施するオーストラリアのスコット・モリソン首相によって、ジョコビッチが政治利用されていると非難する声もあった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加