テレ東・佐久間Pの“緊急代替”ラジオ番組イベント 開始時点で1万2000人視聴

テレ東・佐久間Pの“緊急代替”ラジオ番組イベント 開始時点で1万2000人視聴

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/01/14
No image

緊急開催された配信イベントに出演する佐久間P(左)とおぎやはぎ・矢作兼(ニッポン放送提供)

ニッポン放送は13日、新型コロナウイルスの影響で中止になったイベントの代替として急きょ有料配信された「佐久間宣行のオールナイトニッポン0(ZERO)リスナー小感謝祭2021~Believe~」を、生配信開始時点で1万2000人が視聴したと発表した。

1月11日に東京国際フォーラムで開催が予定されていた、テレビ東京の現役プロデューサー・佐久間宣行氏が出演する「オールナイトニッポン0」の番組イベントは、緊急事態宣言発令が確定的となった6日に、中止が決まった。しかし、同日深夜の番組内で「エンタメの火は消さない!」との決意から、代替のオンラインイベント開催を発表。ニッポン放送内の「イマジンスタジオ」からの配信となり、わずか5日間という準備期間で、開催にこぎつけた。

東京国際フォーラムで当初のイベントから大幅に内容は変更され、「エンタメクイズ」、「聖徳太子企画書」などを実施した。また、ゲストにおぎやはぎ・矢作兼が登場。こちらは当初のイベントの予定通りの出演で、2人の出会いから、佐久間Pが手掛けるテレビ東京系のバラエティー「ゴッドタン」にまつわる秘話、お笑い論など、貴重なエピソードやトークを展開した。約2時間に及んだイベントの最後では、あらためてリスナーへの感謝を述べつつ、年内に再びイベントを開催することを示唆した。

代替イベントのアーカイブス配信は1月24日までとなっており、配信視聴チケットも同日午後9時まで購入ができる。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加