【続報】十両昇進の落合 会見で喜びを語る 「将来は“横綱”になりたい」 鳥取県

【続報】十両昇進の落合 会見で喜びを語る 「将来は“横綱”になりたい」 鳥取県

  • 日本海テレビ
  • 更新日:2023/01/25
No image

角界史上最速となる所要1場所での昇進となる。1月25日、鳥取城北高校出身落合の十両昇進が決まり、落合が会見で喜びを語った。

角界史上最速となる所要1場所での昇進となる。1月25日、鳥取城北高校出身、落合の十両昇進が決まり、会見で喜びを語った。

落合「一場所で上がれると思っていなかったので、まさか今日こういうお知らせをいただいて、凄く嬉しい気持ちと、感謝の気持ちと、これからもっと頑張らないといけないと身の引き締まる思いになりました」

日本相撲協会は、1月25日に番付編成会議を開き一月場所幕下15枚目格付け出しで全勝優勝した落合(19歳)の十両昇進を決定した。一場所での新十両昇進は、角界史上最速となる。

鳥取県倉吉市出身の落合は小学生の頃から地元で開催される相撲の大会に出場。4年生から6年生まで3年連続で優勝するなどその強さは別格だったという。また、鳥取城北高校時代は高校生の頂点・高校横綱に2年連続で輝き、チームをインターハイ団体優勝に導くなど活躍。

去年12月に元横綱の白鵬が親方を務める宮城野部屋に入門した。

落合:「相撲を始めた時から大相撲で“横綱”になるっていう夢をもってずっと相撲を続けてきたので、いつかその夢を叶えたいです」

十両での番付は、2月27日に発表、そして関取として迎える注目の3月場所は、3月12日から始まる。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加