かど番の貴景勝が初日 1日一番に全力「振り返るのは千秋楽終わってから」

かど番の貴景勝が初日 1日一番に全力「振り返るのは千秋楽終わってから」

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/09/15
No image

豊昇龍を突き落としで破り、懸賞金の束を手に土俵から引き揚げる貴景勝。後方は拍手するデヴィ夫人(撮影・河田真司)

<大相撲秋場所>◇4日目◇15日◇東京・両国国技館

かど番の大関貴景勝(25=常盤山)に初日が出た。元横綱朝青龍のおいで東前頭筆頭の豊昇龍を突き落として1勝3敗とした。

前日の逸ノ城戦は立ち合いでもろ手突きを選択したが、この日は頭から当たった。張り差しから攻め込んでくる相手にやや押し込まれ、左下手を取られる。小手投げで振りほどいて距離が生まれると、低く当たってきた相手を左から突き落とした。この日の対策などについては「相手がどうより自分がどういう気持ちでやっていくしか考えていない。人(相手)じゃなくて自分で考えてやっています」と説明。22歳の成長株の挑戦を退けて、初日からの連敗を3で止めた。

先場所2日目に立ち合いの衝撃で首を負傷し、「頸椎(けいつい)椎間板ヘルニアによる神経根症」で、3日目から途中休場した。4度目のかど番となる場所は首の状態が懸念されていたが、場所前の取材には「(首は)もう治ってるし、ケガはもう関係ない。首のケガなんて別に今に始まったことじゃない」と、万全で臨んでいることを強調していた。

成績的には苦しい3日間だったが、貴景勝は「毎日準備してやっているので、勝たなきゃいけないけど、こればっかりは仕方ないので、毎日準備することだけ考えてやっている。振り返るのは千秋楽終わってからでいいので、また明日集中してやるだけです」と強調。1日一番を全力で務める。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加