【日本S】先制はソフトバンク! 日本S初スタメンの栗原が初スイングで巨人菅野から2ラン

【日本S】先制はソフトバンク! 日本S初スタメンの栗原が初スイングで巨人菅野から2ラン

  • フルカウント
  • 更新日:2020/11/21
No image

ソフトバンク・栗原陵矢【写真:福谷佑介】

2回無死一塁で打席に入ると、3球続いたスライダーを捉えた

■巨人 – ソフトバンク(日本シリーズ・21日・京セラドーム)

「SMBC日本シリーズ2020」は21日、京セラドームで第1戦が行われ、ソフトバンクが栗原陵矢捕手の2ランで先制した。

重要な第1戦で先制点を奪ったのは4年連続で日本一を狙うソフトバンクだった。2回。先頭のグラシアルが右前安打を放って出塁すると、ここで打席に栗原が入った。2球、スライダーがボールとなって迎えた3球目、3球続いたスライダーを捉えた。

快音を残した打球は高々と舞い上がり、先制の2ランに。日本シリーズ初スタメン、初スイングで本塁打という先制弾となった。この一撃でソフトバンクは欲しかった先制点を奪い取った。(Full-Count編集部)

Full-Count編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加