サッカー界史上初?!ジャマイカ代表、新ユニ発表はパリコレのランウェイ

サッカー界史上初?!ジャマイカ代表、新ユニ発表はパリコレのランウェイ

  • 超ワールドサッカー
  • 更新日:2023/01/25
No image

サッカージャマイカ代表が着用する新ユニフォームが19日、パリファッションウイークにてお披露目された。

【動画】ジャマイカ代表の新ユニフォームを着たモデルがランウェイを歩く

新ユニフォームはホーム用、アウェイ用ともに、デザイナーの名を冠するイギリスのファッションブランド「ウェールズ・ボナー」が手掛けた。サプライヤーはアンブロからアディダスへ変更となっている。

アディダスと同ブランドはこれまでにもコラボレーションを実施。デザイナーでもありブランドの創設者でもあるグレース・ウェールズ・ボナーはイギリス生まれだが、父親がジャマイカ人という関係性もある。

『SNL24』は「ランウェイでも場違いに見えず、サッカーとファッションが交差した大きな瞬間」と紹介。ホーム用は黄色をベースに緑のピンストライプ、脇や襟、袖回りに黒のラインが入り、国旗と同じカラーバリエーションが採用されている。

アウェイ用はナイトブラックが基調。襟周りの赤、緑、白の縁が非常に映え、落ちついたトーンに仕上がっている。

ジャマイカ代表は今年開催されるオーストラリア&ニュージーランド女子ワールドカップ(W杯)にも出場が決まっている。

(C) CWS Brains, LTD.

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加