大谷 6回3安打無失点8K 自身メジャー最多5勝目はお預け 3回には安打 降板後は右翼守備で三刀流

大谷 6回3安打無失点8K 自身メジャー最多5勝目はお預け 3回には安打 降板後は右翼守備で三刀流

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2021/07/21

◇ア・リーグ エンゼルス1ー4アスレチックス(2021年7月19日 オークランド)

No image

アスレチック戦に先発した大谷(AP)

エンゼルスの大谷翔平投手(27)は19日(日本時間20日)、敵地オークランドでのアスレチックス戦に「2番・投手」として後半戦初となる投打同時出場。6回を投げて、3安打無失点、8三振も0-0で降板し自身メジャー最多となる5勝目はならなかった。防御率は3・21となった。降板後の7回は右翼守備に就いた。打っては3回に二塁打を放ち、4打数1安打。打率は・277となった。チームは1-4で連敗し、借金を1とした。

大谷は今季14度目の先発登板で、投打当時出場は11度目。初回は先頭・キャンハを直球で空振り三振など3者凡退に斬った。2回は1死からモアランドに右中間二塁打を浴びたものの、チャプマン、ラウレアーノを直球、スライダーで連続空振り三振に仕留めた。3回は1死から四球とキャンハに右翼線二塁打を浴び1死二、三塁の危機を迎えたが、アンドルスをスライダーで空振り三振、オルソンを直球でニゴロに退けた。

4回は3者凡退。5回もマーフィー、ケンプをスライダーで空振り三振など、3者凡退に抑えた。6回は2死からオルソンに右前打を浴びたが4番・ローリーをスライダーで投直に斬った。最速は99・3マイル(約159・9キロ)だった。

打っては初回無死二塁で迎えた第1打席は先発左腕・アービンの前に中飛。3回2死一塁で迎えた第2打席は直球を捉えて中越えの二塁打を放った。打球速度は116マイル(約186・8キロ)だった。だが一塁走者・フレッチャーが本塁でアウトとなり、チャレンジも覆らず得点には至らなかった。6回1死一塁での第3打席は空振り三振だった。8回2死一塁の第4打席は2番手右腕・トリビノの前に三飛だった。

大谷は前戦18日(同19日)のマリナーズ戦には「2番・DH」で出場し、後半戦初本塁打となる34号2ランを放つなど、3打数2安打2打点、2四球だった。チームは4―7で敗れた。前回登板は6日(日本時間7日)のレッドソックス戦で「2番・投手」で投打同時出場。7回、89球を投げ5安打1失点で、4勝目、渡米1年目の2018年に記録した自身最多勝利数に並び、日米通算50勝目を挙げた。打っては、同点二塁打を放つなど4打数1安打1打点で試合は5-3だった。この日の試合前までの今季投手成績は13試合4勝1敗、防御率3・49、打者成績は87試合で314打数87安打74打点、34本塁打12盗塁。

また13日にはオールスターゲームで史上初の投打二刀流として初出場、初回1イニングを投げ3者凡退で勝利投手に。打っては2打数無安打で5回に交代した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加