ロッテは今季2度目の9回ドロー 井口監督「もったいない」

ロッテは今季2度目の9回ドロー 井口監督「もったいない」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2021/04/07

◇パ・リーグ ロッテ3―3オリックス(2021年4月6日 ZOZOマリン)

No image

<ロ・オ>3回2死一、二塁から右越えに逆転3ランを放ち生還したマーティンは小島とグータッチ(撮影・長久保 豊)

9回2死一、二塁のサヨナラ好機を生かせず、今季2度目の引き分けに終わった。

井口監督は「いい形で攻撃は出来ていた。小島が四球だったり、自分の投球じゃなかった。もったいない」と振り返った。

1点を追う3回2死一、二塁で、マーティンが田嶋の121キロのカットボールを右翼席に叩き込んだ。「いつも通り。しっかり自分のスイングができた」と会心の一発は、この時点でリーグトップとなる4号3ランとなった。

援護をもらった先発の小島だったが、4回に紅林に中前適時打を許すと、6回には2死から投じたカットボールで頓宮に同点の左越えソロを浴びた。「中継ぎの人を休ませるため長いイニングを投げたい」と話していた左腕だが、6回3失点での降板となった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加