旨みのある食材を使えば、具材2つでもおいしい! 五目ご飯ならぬ「二目炊き込みご飯」

旨みのある食材を使えば、具材2つでもおいしい! 五目ご飯ならぬ「二目炊き込みご飯」

  • レタスクラブ
  • 更新日:2021/11/25
No image

「二目炊き込みご飯」 / 調理:ツレヅレハナコ 撮影:福尾美雪

【画像を見る】この2つの食材、相性抜群って知ってた?「豚肉と大根の炊き込みご飯」

炊き込みご飯の具は何がお好きですか? さまざまな具のうまみをお米に吸わせる炊き込みご飯は、和食の懐の深さがわかる一品。今回はごぼうと油揚げで作る「二目炊き込みご飯」をご紹介。ごぼうと油揚げは、どちらも豊かな香りと旨みを持つ味出し食材。わざわざ五目ご飯にしなくても、この2つさえ入れれば大満足の一品になるんです。といだお米の上に具材をのせたら、あとは炊飯器のスイッチを押して普通に炊くだけだから、面倒な手間は一切なし! 普段炊き込みご飯を作らない人も、これなら気軽に楽しめそうですよ。

二目炊き込みご飯

【材料・3〜4人分】

油揚げ(細切り)…1枚、ごぼう(ささがき)…1/4本、米(炊く約30分前に洗ってざるに上げる)…2合、合わせ調味料(しょうゆ・みりん…各大さじ2、酒…大さじ1)

【作り方】

1.炊飯器に米を入れ、水を2合の目盛りまで入れる。合わせ調味料を加え、混ぜる。

2.ごぼう、油揚げの順に広げてのせ、普通に炊く。

(1人分324kcal、塩分1.3g 調理/ツレヅレハナコ 栄養計算/スタジオ食)

炊き込みご飯を作る時は、具材は上にのせるのが鉄則。炊飯前に混ぜ込んでしまうと、具材がじゃまをして炊き上がりにムラができてしまいます。炊飯器の水加減は具材をのせる前に調整を。調味料を入れてから水を入れて目盛りを合わせると、ご飯がベチャッとするのを防げます。香ばしいおこげを楽しみたい場合は、炊飯器の炊き込みモードで炊いてみて。

文=齋藤久美子

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加