スピッツがアリーナツアー最終公演でツアーの映画公開を発表

スピッツがアリーナツアー最終公演でツアーの映画公開を発表

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2021/09/15
No image

大阪城ホールでアリーナツアー最終公演を開催したスピッツ

デビュー30周年の4人組バンド、スピッツが15日、大阪城ホールで全国アリーナツアーの最終公演を開催した。10月1日に同ツアーを映像化した映画「SPITZ JAMBOREE TOUR 2021 “NEW MIKKE” THE MOVIE」を公開すると発表した。

同ツアーは神奈川、愛知、広島、北海道、宮城、大阪で12公演を開催。リーダーでベースの田村明浩(54)が「今日来てくれた人たちには少し早く、まだ解禁になっていないニュースがあります」と映画化決定を伝えた。

今作はコロナ禍を考慮し、メンバーの「生のライブに迫る感動をお届けできないか」という思いから制作した。撮影は6月19日の横浜・ぴあアリーナMMで行われ、東京バルト9など14都府県の全国16館で2週間限定上映。10月16日からはオンライン上映も始まる。

15日にはアルバム「花鳥風月+」をリリース。メンバーは「デビュー30周年の今年、コロナ禍で強い意志を持って開催されたツアーをまだ熱の冷めないこのタイミングで、少しでも多くの方に追体験、再体験していただきたいです」とアピールした。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加