“緑ユニ禁止”にビビる?メインカラーが「緑のユニフォーム」7選

“緑ユニ禁止”にビビる?メインカラーが「緑のユニフォーム」7選

  • Qoly
  • 更新日:2021/07/20
No image

2022-23シーズンからセリエAでは、グリーンのユニフォームが禁止されるとのことで話題となっている。

もしも世界的に「緑ユニ禁止」となったら、困惑するチームはあまりにも多いことだろう。

ここではイタリア以外で、禁止を言い渡されたら激震が走りそうなチームの「グリーンのホームユニフォーム」をご紹介しよう。

ハイバーニアン(スコットランド)

No image

ハイバーニアン 2020-21 Macron ホーム

緑ユニ禁止のニュースに反応したツイートが話題となったハイバーニアン。エディンバラのアイルランド人コミュニティによって結成されたクラブで、アイルランドのシンボルカラーであるグリーンをユニフォームに採用している。

サンテティエンヌ(フランス)

No image

サンテティエンヌ 2020-21 le coq sportif ホーム

1919年のクラブ創設以来、母体となった企業カラーのグリーンを使い続けるサンテティエンヌ。元日本代表MF松井大輔(サイゴンFC)も所属した名門である。このグリーンに魅せられたユニフォーム・ファンは世界中に多い。

北京国安(中国)

No image

北京国安 2019 Nike ホーム

中国にはグリーンをキットカラーに使うクラブが幾つか存在するが、代表的な存在はこのクラブだろう。AFCチャンピオンズリーグの常連でもある。

パウメイラス(ブラジル)

No image

パウメイラス 2021 Puma ホーム

南米大陸を代表するグリーンのユニフォームといえばパウメイラス。イタリア系移民によって結成されたクラブで、当初チームカラーはイタリア国旗と同じトリコロールだったという。

ヴォルフスブルク(ドイツ)

No image

ヴォルフスブルク 2020-21 Nike ホーム

かつて長谷部誠(アイントラハト・フランクフルト)が所属し、リーグ優勝も経験したヴォルフスブルク。ときどきホワイトを基調としたホームキットが登場するが、伝統的にグリーンがメインカラー。

ブレーメン(ドイツ)

No image

ヴェルダー・ブレーメン 2020-21 Umbro ホーム

日本代表FW大迫勇也の所属チーム、ヴェルダー・ブレーメンもエンブレムと同じグリーンをメインカラーとする。もっとも、グリーンをメインに使うのは90年代からで、それ以前はグリーンよりもホワイトの方が目立つ配色だった。

東京ヴェルディ(日本)

No image

【関連記事】欧州サッカー 2021-22シーズン新ユニフォームまとめ

東京ヴェルディ 2021 Athleta ホーム

日本にもグリーンをチームカラーとするチームがいくつか存在するが、Jリーグの“オリジナル10”である東京Vは象徴的なチームといえよう。

もしもJリーグで緑ユニ禁止となったら、どのような色・デザインとするのか。妄想するのもちょっと面白い。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加