打率リーグ2位阪神・梅野 今永から粘りの同点打

打率リーグ2位阪神・梅野 今永から粘りの同点打

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2020/08/02

◇セ・リーグ 阪神―DeNA(2020年8月1日 甲子園)

No image

<神・D>4回1死満塁、同点の2点適時打を放ちガッツポーズを決める梅野(撮影・大森 寛明)

打撃好調の阪神・梅野がこの日も打った。

2点を追う4回だ。先頭の近本が右前打で出塁し、1死後に大山、ボーアが四球を選んで満塁のチャンスを作った。ここで打席に入った梅野が、粘った末の11球目をバットの先で弾き返し、三遊間を破る2点適時打に。3回まで抑え込まれていた今永から、貴重な同点打を記録した。

試合前時点の打率はセ・リーグ2位の・343。前日の同戦でチーム唯一の得点を3ラン本塁打でたたき出すなど、その打棒は止まる気配がない。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加