賽銭泥棒をAIで検知! 名古屋で生まれた防犯システムがすごい

賽銭泥棒をAIで検知! 名古屋で生まれた防犯システムがすごい

  • Jタウンネット
  • 更新日:2022/05/13

[ドデスカ - 名古屋テレビ] 2022年4月25日放送の「イマネタ!」のコーナーで、名古屋市の会社が開発した、賽銭泥棒の犯行を防ぐための「AI検知システム」が紹介されました。

No image

賽銭泥棒を防げ!(画像はイメージ)

神社・寺院の数が全国1位を誇る愛知県。愛知県警によると、昨年は賽銭泥棒による被害が150件も出ています。

そんな中、名古屋市にあるセキュリティ機器販売会社「トリニティー」は、防犯カメラにAIを搭載した「賽銭泥棒検知AIシステム」を開発しました。

賽銭泥棒の行動パターンは、賽銭箱のカギを壊すなど決まっているため、そのパターンに当てはまる不審な動きをする人物をAIで解析し、登録者のLINEに画像を通知します。リアルタイムでLINEに通知されるので、遠方にいても早く通報できるのが最大のメリットです。

また、AI検知システムは他の「賽銭泥棒検知」以外の用途でも使われています。

No image

自動車盗難も多い(画像はイメージ)

愛知県で多いのが自動車盗難。去年約700件もの被害がありました。

そこで自動車盗難を防ぐためにも技術を活用。高級車を持つ人を中心に注文が多数寄せられているそうです。

実は、防犯カメラを設置するだけでは、撮影データも上書きされ、被害がいつ起こったのか知るのは難しいそうです。

その点、リアルタイムで知らせてくれれば、泥棒を追い払うこともできるので、被害は減るかもしれませんね。

(ライター:iwatami)

J-CASTニュース

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加