静岡県側の富士登山者が昨年の1.3倍に...協力金も過去最高 遭難件数は63件と例年並み

静岡県側の富士登山者が昨年の1.3倍に...協力金も過去最高 遭難件数は63件と例年並み

  • LOOK 静岡朝日テレビ(ニュース)
  • 更新日:2023/09/19

静岡県は、この夏の静岡側の富士山の登山者数について、合わせて8万4千人あまりで去年と比べて1.3倍と発表しました。

県によりますと、7月10日から9月10日までの開山期間中の登山者数は8万4086人で、去年と比べ1万7903人増えました。また、富士山保全協力金の金額と協力率も過去最高となりました。コロナ禍前とほぼ同じ水準で、新型コロナの5類への引き下げで制限がなくなった事や世界遺産登録10周年の節目となった事などが要因としています。

一方、遭難件数は、県警のまとめで63件と例年と同じ水準でした。県は、外国人を含めた登山者に対する啓発内容を、山小屋の関係者と意見交換をしてまとめ、周知を図りたいとしています。

[ 関連記事を読む - ニュース ]

LOOK編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加