河川災害頻発のネパール 政府関係者が高知の治水を視察

河川災害頻発のネパール 政府関係者が高知の治水を視察

  • KUTVニュース
  • 更新日:2023/01/25

ネパールの政府関係者が、日本の河川防災技術を視察しています。ネパールでも河川災害が頻発しているということで、視察団は、“日本の治水”に高い関心を示していました。

【写真を見る】河川災害頻発のネパール 政府関係者が高知の治水を視察

来日しているのは、ネパール中央政府の防災部の局長や財務省の秘書官ら6人です。防災研究を行う高知大学の原忠教授が進める事業の一環で、25日から5日間高知・静岡・東京で主に河川の防災技術を視察します。25日は、高知河川国道事務所の説明を受けながら、物部川の河口にある川の逆流を防ぐ門を見学しました。

ネパールでは毎年河川災害が発生する一方、堤防の整備は十分ではなく技術の強化が課題となっています。視察団は、高知の治水技術に高い関心を示していました。

(ネパール中央政府 防災部 サンジブ・バラル 局長)
「ネパールでは河川災害を日本とは違う方法で管理しているので、ここで日本の”治水”を学びたい」

視察団は26日、いの町で、ダムや蛇籠などを見学するということです。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加