陸上女子1万メートルで広中璃梨佳と安藤友香が東京五輪代表に内定

陸上女子1万メートルで広中璃梨佳と安藤友香が東京五輪代表に内定

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/05/04
No image

標準記録を突破し、笑顔で記念撮影する広中璃梨佳(左)と安藤友香(撮影・高石航平)

「陸上・日本選手権」(3日、静岡スタジアム)

女子は広中璃梨佳(日本郵政グループ)が31分11秒75で優勝し、31分18秒18で2位の安藤友香(ワコール)とともに、女子1万メートルの五輪参加標準記録(31分25秒00)を突破して、東京五輪代表に内定した。

序盤から広中が参加標準を切るペースで先頭集団を引っ張り、5000メートルを15分28秒で通過。その後、安藤が前に出るなど、途中から完全に2人のマッチレースに。8800メートル付近で広中がスパートし逃げ切った。安藤も懸命に追いすがり、ともに参加標準記録を突破した。

女子1万メートルの代表は、昨年の日本選手権で30分20秒44の日本記録をマークして優勝した新谷仁美(積水化学)がすでに内定している。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加