優勝候補フランスの”黄金のトライアングル”がいきなり躓き? 負傷のベンゼマがドイツとの初戦出場に暗雲【現地発】

優勝候補フランスの”黄金のトライアングル”がいきなり躓き? 負傷のベンゼマがドイツとの初戦出場に暗雲【現地発】

  • サッカーダイジェストWeb
  • 更新日:2021/06/11
No image

明暗が分かれたジルー(左)とベンゼマ(右)。(C)Getty Images

No image

5年半ぶりに代表に復帰したベンゼマ。しかしブルガリア戦で負傷し、EURO初戦へ間に合うのか疑問視されている。(C)Getty Images

フランス代表のブルーの空に、一点の雲が出現している。

6月11日に開幕するEURO2020に向け、フランス代表はウェールズ戦(3-0)とブルガリア戦(3-0)のテストマッチをこなしたが、華々しく代表に復活したカリム・ベンゼマが、8日のブルガリア戦で早くもケガしてしまったからだ。

今のところ軽症とみられ、ディディエ・デシャン監督も「打撲だよ。随分当たって、(筋肉が)固まってきたと感じたようだ。リスクを冒すこともないしね」と報告。直ちにきついテーピングと冷却処置をしたスタッフも、「重大なことは何もない」と楽観的だった。

打撲の場合、2日間は完全に活動を停止し、次いで部位をごとに試しながら徐々にトレーニングメニューを再開する。ただ、フランス代表の初戦は15日のドイツ戦。2日間の休養をとると、残されたトレーニング期間はたった4日間しかない。

このため、肝心のドイツ戦に出場できるのかどうか、出場できてもトップコンディションに戻せるのかどうかなどをめぐり、フランスの人々は暗い雲の出現を目にしているところだ。

5月18日に発表されたベンゼマの復帰で、フランス代表には「トリアングル・ドール(黄金のトライアングル)」、「トリオ・マジック(魔法のトリオ)」などと呼ばれる攻撃陣の呼び名が登場。“カリム・ベンゼマ&キリアン・エムバペ&アントワーヌ・グリエーズマン”の豪華トリデンテの結成で、フランス中のファンが大きな夢を見始めた。
そして、ウェールズ戦では待望のトリオがデビュー。ベンゼマはノーゴールに終わったが、エムバペとグリエーズマンのゴールが炸裂した。行動面でも、グリエーズマンがベンゼマにPKをプレゼントしたのをはじめ(ベンゼマは外してしまったが)、みながゴールさせようと懸命に気遣いを働かせて、ベンゼマ本人もいい動きで貢献。トリオの連係完成に期待が膨らんだ。

続くブルガリア戦は、この攻撃トリオのオートマティズム向上を狙いつつも、4-4-2の中盤ダイヤモンドの陣形をテスト(ベンゼマとエムバペの2トップ+グリエーズマンのトップ下)。「穴」になりやすい守備面をしっかり錬る意図があったとみられる。

フランス代表は、このテストも無事にクリア。中盤にはチャンピオンズ・リーグ(CL)覇者で、ファイナルのMVPに輝いたエヌゴロ・カンテが頼もしい存在感を発揮し、ポール・ポグバも凄まじい働きぶりで存在感を示した(『L’EQUIPE』紙最高採点)。また両サイドバックも崩れず、「疲れ気味」と言われていたラファエル・ヴァランヌも、エレガントかつ強靭な守りを披露した。
だが、肝心の黄金トライアングルの一角が欠ける出来事が起きた。エムバペと渦巻のような連係をみせつつも決定的な仕事を果たせなかったベンゼマが、31分に相手ディフェンダーと交錯して右ヒザ上部を強打。41分に交代を要望したのだ。

しかも、交代で投入されたオリビエ・ジルーが2ゴールを叩き込んで、勝利に貢献。ジルーはこれで代表通算46ゴールに達し、歴代1位のティエリ・アンリ(51ゴール)にあと5得点まで迫った。

皮肉なことに、過去にベンゼマは「自分とジルーは比べ物にならない」として、自身を「F1」、ジルーを「カート」(ミニ自動車でおこなうレース)に喩えて馬鹿にしたことがある。屈辱を受けた方は経緯を水に流し、今回のライバル復帰と自身のベンチスタートを受け入れている。だが、まだまだ競う意志も見せつけ、ベンゼマは少々デリケートな立場に立たされることになった。
こうした気配をよそに、グリエーズマンは利他的かつインテリジェントなゲームメイキングを担い、ウェールズ戦では磁石のような足から、ブルガリア戦では大胆なオーバーヘッドから、いずれも華麗なゴールを決めた。

この2試合でチームは、ユーゴ・ロリス→ヴァランヌ→ポグバ→グリエーズマンの屋台骨が機能していること、ベンチの層も厚いことなどがよく確認できた。一方で「トリアングル・ドール」の方はまだ、「大きな期待」の域を出ていないことがわかる。

果たしてベンゼマはドイツ戦に間に合うのか。「トリアングル・ドール」は本当に爆発するのか――。ベンゼマのケガの度合いにもよるが、この話題はどうもまだ議論が続くようだ。

取材・文●結城麻里
text by Marie YUUKI

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加