[子(ねずみ)年]1/13~2/11の運勢 好調期。掴むべきチャンスの到来も

[子(ねずみ)年]1/13~2/11の運勢 好調期。掴むべきチャンスの到来も

  • CREA WEB
  • 更新日:2021/01/12

子(ねずみ)年

1月13日(水)~2月11日(木)の運勢

No image

曇り空から太陽の光がスッとさしてくるような、明るい兆しが見られるでしょう。

保守的な姿勢が求められ、少々息苦しい日々が続いていたねずみ年さんですが、これからのひと月は、福星の御加護のもと、あらゆる運気の高まりを感じられそうです。

この時期の開運に必要なのは、運を掴もうとする意欲と研ぎ澄まされた“嗅覚”です。ボーッとしていては運気の波に乗り損ねます。

平常心でやるべきことを粛々とこなしながら、チャンスの風を感じたときにはスッと顔を上げ、すかさず反応する……そんなイメージで好運を掴んでください。

チャンスを得られさえすれば、実力をいかんなく発揮でき、思い通りの結果を出せるはず。

仕事面なら昇進や昇給も期待できるでしょう。事業面なら物事が計画通りに進むでしょう。

恋愛でも願いが届きやすいときです。

フリーの人は、トキメキを感じる相手に出会える予感。すでに意中の人がいるなら、あなたの思いを届けるチャンスがありそうです。

カップルの人は、コミュニケーションがうまく取れるとき。お互いを思いやることができ、甘い時間を過ごせるでしょう。

健康面で注意したいのは、不眠、内分泌疾患、そして糖尿病。

規則正しい生活、健康的な食生活にいつも以上に留意したいひと月です。

この時期、相性がいいのは、丑(うし)、辰(たつ)、申(さる)年。

距離を置いたほうがいいのは、卯(うさぎ)、午(うま)、未(ひつじ)年の人。

吉方位は、北と西。避けたほうがいいのは、南と東。

※次回更新日は2月9日(火)

※台湾の占いは旧暦が基本。旧暦と西暦で干支が変わる人もいますが、ここでは西暦での干支でみられるように占っています。

子(ねずみ)年

神鳥さんが授けるお守りアイテム

「元寶」のチカラを借りましょう。

元寶とは、中国の元朝以降、貨幣代わりに使われていた銀塊のこと。

舟形の上に丸いものを載せた形をしていますが、馬の蹄にも似ていることから、日本では馬蹄銀、または銀錠(ぎんじょう)と呼ばれています。

中華圏では、招財の風水アイテムとしておなじみで、さまざまなレプリカが手に入ります。

日本でも、大手サイトなどで取り扱いがあり、中華圏の縁起物のなかでは、比較的入手しやすいアイテムのひとつです。

ここでは、10個の元寶を用います。金色の元寶を準備してください。

これらをオフィスのデスクやサイドボードなど、よく目につく場所に円形を描くように並べて飾ってください。

ここでイメージしてほしいのは、完全無欠。または円満におさまる様子。

この時期の好運の波に乗るのを助けてくれるでしょう。

すでに手に入れている人は、水で洗って天日で乾かしてから使うといいでしょう。

この時期のラッキーカラーは、黒と白。避けたほうがいいのは、赤、緑、黄色。

※次回更新日は2月9日(火)

子(ねずみ)年・基本性格

“努力するという才能”を持ち、勤勉。何事にも積極的に取り組むことができる人。機知に富み、優れた観察眼を持ち、物事を筋道立てて考えられるので、あなたの行動には無駄が少なく、与えられた課題を合理的に進めていくことでしょう。

また、手先が器用で、細やかな作業が得意な人も。経験のないことを難なくこなし、驚かれることもありそうです。

極めて真面目な人柄ながら、堅苦しいイメージはなく、誰に対しても優しく穏やか。他人を優先し、人のために我慢をしたり、己を律することもいとわないのでは。

また、高い適応能力と活発さがあり、公私とも皆に慕われ人気者になるタイプ。人付き合いが良く、人間関係は良好そのものですが、実は感受性が強く、やや内向的な面も持ち合わせています。

悟明老師(ウーミン ラオシー)

「易屋軒命理」算命師。祖父の代から続く占術家で、一子相伝の奥義を受け継ぐ。占い歴は25年。本サイトでは東洋の占星術「十二太歳宮理論」に基づく干支の運勢を「鳥卦」によって詳細に解説。
台北市饒河街夜市内(饒河街220號の前)での鳥占いは、連日、長蛇の列ができる人気ぶり。生まれ年と質問を伝えると、神鳥が中国タロットのカードをついばみ、先生が解読。探し物が見つかるとのクチコミ多数。
鑑定は17時30分~23時まで。鳥卦(約10分)は、一問につき300元。通訳を希望すれば、専属の通訳者がネット電話ごしに説明してくれる。鳥卦以外にも紫微斗数、四柱推命などのパーソナルな占いの依頼も可能。電話番号:0930-763-546(中国語対応)

文=堀 由美子
イラスト=さじきまい

悟明老師

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加