VTuberの「くしゃみ助かる」現象を考察。くしゃみをするとスーパーチャット(投げ銭)が飛んでくる?(たまごまご)

VTuberの「くしゃみ助かる」現象を考察。くしゃみをするとスーパーチャット(投げ銭)が飛んでくる?(たまごまご)

  • QJWeb クイックジャパンウェブ
  • 更新日:2021/07/20
No image

人気VTuberにインタビューしたり、ガチのVTuberマニア、錦鯉・渡辺隆をリモート突撃したり、社会現象としてがっつり考察してみたり……。QJWebのVTuberご意見番、たまごまご連載第2回は「くしゃみ助かる」。VTuberファンの間では定着している不思議な言い回しを実例を挙げて検証します。

VTuberのくしゃみは喜ばれる

VTuberの配信で、高い頻度で見られるものがある。ファンがくしゃみをありがたがる現象だ。

VTuberがミュートせずくしゃみをそのまま配信に乗せてしまうと、コメント欄が猛スピードで流れ始める。
「くしゃみ助かる」
逆に、きちんとミュートすると「ミュート助からない」という反応すらある。このコメントは男女どちらのVTuberでも書き込まれる。最初は「そんなにくしゃみ性癖の人いるの!?」と驚くかもしれない。

ほかの配信界隈でもあるのかもしれないが、とりわけVTuberファンの間での「くしゃみ助かる」の定着率はかなり高い。中にはくしゃみをすることでスーパーチャット(投げ銭)が飛んでくることすらある。

VTuber側はそれを望んでやっているわけではない。基本的には放送事故だ。ミュートするマナーのほうが断然一般的だし、ほかの真面目な場だったら「失礼だ」と怒るコメントがあってもおかしくない。けれどもVTuberのくしゃみは喜ばれる。

こういうくしゃみを愛する人々を「くしゃ民」などと呼ぶこともある。VTuberの普及によって「くしゃ民」以外の人も、現在は気軽に「くしゃみ助かる」を書き込むようになってきた。1回のくしゃみでのコメント欄の加速っぷりはかなり特殊で、見るからに加速するのでおもしろい。

VTuberファンの内だけで追っていくと、とあるVTuberの配信に書き込まれた「えっど」というコメントに対して、ウィキペディアの「江戸」の解説を貼りつけ「江戸の解説助かる」というコメントに派生したのが「助かる」の流れの最初という説がある。

くしゃみを見るのが性癖だ、かわいくて仕方ない、という人はもちろんいるだろう。でも多数派ではないと思う。実際はもっと「VTuberならでは」の理由がたくさんあるはずだ。今回はそのうちいくつかを紹介してみたい。

VTuberの真実が見える瞬間

本人の意見がそのまま語られる「アバター」として活動するVTuberが現在は増えつつある。とはいえ見た目は「バーチャル」だ。VTuberの顔が笑っていても、アクター本人の顔が笑っていないかもしれない。そこがエンタメとしてユニークなところだから、暗黙の了解で「見えたまま受け取る」のが楽しみ方だ。とはいえやっぱり、たまにはどこからが本音なのか知りたい、という思いは湧いてくるもの。

「くしゃみ」は生理現象で、嘘偽りが一切ない。くしゃみをした瞬間、キャラクターとしてのVTuberのレイヤーが完全に剥がれ、その奥にあるアクター本人の素が貫通して視聴者に届く。

これは「水を飲む」という状況でも起こる。喉が渇いて水を飲むときの音も、演技ではなくリアル。そのためここでも「お水おいしい?」「お水助かる」というコメントが飛ぶ。この場合2Dアバターだと水を飲む動作が見えないのも、バーチャルを貫通して現実を感じるポイント。

肉体の姿の上に、バーチャルなキャラクターを被せることによって進化しつづけてきたVTuber。しかしアクター側のくしゃみ、しゃっくり、あくび、お腹がなるなど生理現象によって生身が垣間見られるとき、「生きた人間」が存在している安心感と身近さが伝わる。アニメキャラがくしゃみをしない(声優がした場合リテイクになる)のを考えると、VTuberならではの生のエンタメだ。あくまでも偶然の出来事だからOKなわけで、視聴者側から見えない部分(例:アバターでは見えないリアルの姿勢や服装を聞く、など)に踏み込むのはご法度だ。

バーチャルを遵守するVTuberの中には「くしゃみ」とか「水飲み」とか言わず、黙ってミュートすることでキャラクター性を守る人もいる。このあたりは見せる側のさじ加減だ。たとえばトイレに行く際、アバターを放置してそのまま出かけていく人もいれば、ちゃんとアバターをトイレに行かせるテイで画面から去らせるVTuberもいる。

便利な合いの手

VTuberの配信では、視聴者のコメントは命綱だ。しかし視聴者が言葉をきちんと考えて、配慮をしながらコメントを書き込むのは、ものすごくハードルが高い。おもしろいことなんて考えて書く暇がないし、すでに誰かが書いているかもしれないし、変なことを書いて周囲に引かれるのも怖い。

そこで便利なのが「草(笑いを示すスラング「www」が草が生えているように見えることからの派生)」「かわいい」「てぇてぇ(尊い・相手や関係性の素敵さを褒めるスラング)」「えらい」、そして「くしゃみ助かる」の5点セット。基本的にいずれも配信者への好意を内包しているので、角が立たない。前者4つに関しては、にじさんじ内でのコメントでの割合を記録している有志のアカウントがあるので、見てみるといかに「草」などの単語が便利な合いの手になっているかよくわかる。

2021年6月度チャット割合(チャンネル別)(1/3)

チャンネルの配信でチャットに「草,w」などが含まれていた割合です

※一部配信が含まれていないため目安です pic.twitter.com/RZI9IPvIoo
— 2434🌈🕒配信分析bot (@2434rankings)
July 4, 2021
from Twitter

2021年6月度チャット割合(チャンネル別)(2/3)

チャンネルの配信でチャットに「かわいい」などが含まれていた割合です

※一部配信が含まれていないため目安です pic.twitter.com/IvDFPimOnC
— 2434🌈🕒配信分析bot (@2434rankings)
July 4, 2021
from Twitter

2021年6月度チャット割合(チャンネル別)(3/3)

チャンネルの配信でチャットに各単語が含まれていた割合です

「てぇてぇ」
「センシティブ」
「好き」
「えらい」

※一部配信が含まれていないため目安です pic.twitter.com/q0ZkQFsSlz
— 2434🌈🕒配信分析bot (@2434rankings)
July 4, 2021
from Twitter

コメントを見ると、VTuberの配信は「ながら(勉強しながら、お酒飲みながら、など)」視聴の人がかなり多い。その際参加しようとしてもとっさに気の利いたコメントを書けるものではない。かといって書き込むのをみんなが控えていたら、配信の空気は冷えてしまうだろう。笑い声の聴こえない配信文化だからこそ、シンプルコメントでも配信者にとってはものすごくありがたい反応になる。

いわばコールアンドレスポンスのようなもの。くしゃみをしたら「くしゃみ助かる」と書き込めるタイミングが生まれる。書き込みのハードルが下がる瞬間だ。ミュートしたら「ミュート助からない」と書き込むのも、一種のコールアンドレスポンス。逆でも成立している。

No image

くしゃみのミュートが完璧だったカルロ・ピノ

VTuberのカルロ・ピノは冷静にくしゃみの際ミュートをするスタイルを取っている。するとコメントでは「ミュート助からない」のコメントが飛んでくる。それに対し彼女は「残念でした、ミュート敗北民の皆様お元気でした? また負けちゃったんですか?」「いつか聞けるといいですね」ときれいに煽り返し、場を盛り上げた。

【雑談】眠くなるまで修学旅行の夜!(2時間1分20秒くらいから)

No image

「助かる」文化を逆手に取る月ノ美兎

インターネットの文化に詳しいにじさんじの月ノ美兎は、水を飲む際「ああー、んんっ、お水おいしいよ☆」のように意図的に「こういうのが好きなんでしょう?」と煽ることがある。そうすると飛んでくるのは「は?」という反撃コメントだ。これもまた信頼関係がなせるコールアンドレスポンス。視聴者とのプロレスとして盛り上がる機能があるのは興味深い。

【雑談】この顔になった話など【重大発表もアリ】(37分くらいから)

失敗に対する応援の文化

日本人は比較的、くしゃみを「恥ずかしいもの」として見ることが多い。そして視聴者にとって「恥じらい」はエンタメになり得る。ホラーでの絶叫、プレイングのミス、クイズを間違えるなど。

ただ、くしゃみを恥ずかしがるVTuberに対して、ファンがそのままスルーするのもなんだから、という意味も込めての「くしゃみ助かる」も存在する。実際「大丈夫?」「風邪?」「お大事に」という「ゴッドブレスユー」的な心配のコメントも上がる。一方で空気を深刻化するより「助かる」のほうがソフトでもある。恥じらいへの嘲笑ではなく、フォローする思いやり、という側面があるのは見逃せないポイント。

基本的にVTuberファンは、その人の配信を「楽しむため」だけでなく「応援するため」に見に行っている。いわゆる「推し」。アイドルを応援すること自体を楽しむ姿勢に似ている。なので書き込まれているコメントは基本的に、荒らし以外は好意的。盛り上げるためにコメントを書いているので、きっと「くしゃみ助かるっていうの恥ずかしいからやめてほしい」と配信者が言えば、ピタッと止まるはずだ。「くしゃみ助かる」が発言されて、配信者がそれを拾う配信は、視聴者と配信者の関係が良好な証拠だと考えてもいい。

ちなみに派生形として「ちょうど切らしてた」というのもある。ミュートし損ねや変な顔でのフリーズなどで、困っているVTuberに対しての「気にしないで! むしろそういうの待ってたから!」みたいなネタ的フォローの意味が強い。VTuberのジョークやグリーンバック素材に対しても「コラージュに使える」という意味で用いられることもある。これがカジュアル化し、合いの手的に使われているのもVTuber文化ならではだ。

動画では起こり得ない文化

「くしゃみ助かる」はYouTuberではほぼ起こらない。編集動画がメインコンテンツだからだ。VTuberも「バーチャル」な「YouTuber」として始まったため、YouTuberのような動画活動をしている人も多数いる。一方で現在は「ニコニコ生放送」や「ツイキャス」の文法を受け継いだスタイルがVTuber文化の基盤のひとつとして主流になっている。

配信スタイルと動画スタイルは、編集による精査などいろいろな違いがあるが、何よりファンとの距離が決定的に異なる。配信型の場合はリアルタイムでファンとやりとりするため、いわば「アニメキャラのような存在と実際に会話できる近さ」の強みがある。しかし配信者側も全部のコメントを拾うわけにはいかない。自身の配信の流れを保つために仕方がない。

そうなると、あまり配信者の負担にならない、影響の少ない「くしゃみ」と「水飲み」への声かけは、ライトなコミュニケーションツールとして便利だ。配信の流れを止めず、齟齬が生まれず、それでいて盛り上がる。

またくしゃみや水飲みのミュート中の間を持たせる意味でも、コメントのレスポンスはいい塩梅に作用する。バーチャルシンガーの花譜がリアルライブを行ったとき、当然ライブ中彼女も水を飲んだ。それに対して、会場のファンはコロナで声を出せないこともあって、全員が拍手をした。女子高生が水を飲んで拍手が起こるという光景はかなり奇妙。普段はアイドル型の活動はしていないだけに、何事かと驚いたオンライン視聴のファンの反応は多かった。ただこれは結果的に、無音の時間がなくなった、という役には立つ反応として成立した。

VTuberは人間であり、キャラクターだ。アニメキャラのように完全無欠の理想ではない。どこかで人間の生がはみ出る。そこを楽しむ手段としての「くしゃみ助かる」は、VTuber界隈でしか通じない内輪ネタであり、コミュニケーションを円滑にする手段として発展した言葉だ。今後VTuberが発展していった際、更に気軽で便利なコールアンドレスポンスが産まれる可能性は高い。

今回は配信文化中心に追っていったが、一方で動画VTuber文化やラジオ型配信者の間では、質問箱やマシュマロ(匿名投稿ができるサービスのこと)など「なんでもは言えない」がゆえに、ファンとVTuberの発言が洗練され濃厚になる文化も別個に発展している。中には極度にガラパゴス化することでおもしろさが尖っているVTuberもいるので、ぜひ探してみてほしい。

たまごまご

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加