巨人・中田翔が逆転満塁弾「興奮であまり覚えていない」2軍降格は「悔しかった」

巨人・中田翔が逆転満塁弾「興奮であまり覚えていない」2軍降格は「悔しかった」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2022/05/15
No image

7回、レフトへ逆転満塁ホームランを放ち、ほえる中田(撮影・伊藤笙子)

「巨人7-6中日」(14日、東京ドーム)

巨人・中田翔内野手が七回、値千金の4号逆転満塁本塁打。ひと振りで勝利に貢献し、試合後はお立ち台に上がった。

大歓声を浴び、笑顔の中田は「ホッとしていますし、ファンの方の声援のおかげです」と感謝。本塁打後は「ウッシャー!」と叫んでいたが、「興奮していたのであまり覚えてないですが、すごく気持ち良かったです」と、はにかんだ。

不振に苦しみ、2軍降格も味わった。「悔しかったけど結果の世界なので当たり前。無駄な時間ではないと思いやっていたので、この場に立てて嬉しいです」。前日に続く2戦連発となったが、「もっともっとチームに貢献したい」と表情を引き締めた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加