スペインのスポーツカーメーカー「フータン・オートモービルズ」が日本に ロシェルが輸入

スペインのスポーツカーメーカー「フータン・オートモービルズ」が日本に ロシェルが輸入

  • 財経新聞
  • 更新日:2023/01/25
No image

オーダーの受付が開始されたGrand Albaycin(グランドアルバイシン)(画像:ロシェル発表資料より)

ロシェルは23日、スペインのコーチビルダーである「HURTAN Automobiles」と正規輸入販売契約を締結し、2月10日よりHURTAN社自動車の輸入販売開始すると発表した。

【こちらも】マツダ、「ロードスター」を一部改良 特別仕様車「ブラウン・トップ」追加

スペインと聞けば、1992年に行われたバルセロナオリンピックを思い出す人もいるだろう。芸術の街として知られる町並みは、アントニ・ガウディが残した作品も多く、その作品群が世界遺産に登録されるなど、芸術に溢れている。

芸術センスはもちろんクルマにも活かされ、スペインには日本人が知らないメーカーのクルマも数多い。中でもセアトは、フォルクスワーゲンの傘下にはなったものの、無駄を感じさせないスタイリッシュなデザインは、さすが芸術の国が生み出したクルマといえる。

そんな芸術の国スペインが送り出すクルマが、「HURTAN Grand Albaycin(フータン グランドアルバイシン)」だ。製作するのは、スペインの改造車体メーカーHURTAN Automoviles(フータン・オートモービルズ)で、ベース車両は、「Mazda MX-5」(マツダロードスター スペイン仕様)だ。

2シータースポーツのマツダロードスターは、珍しいクルマではないが、フータン・オートモービルズが手掛けると、外装はレトロそのものに生まれ変わる。

もともと最先端テクノロジーのプラットフォームで作り出されたクルマのため、見た目の雰囲気が変わるだけで、クルマの持っている先進技術に変更はない。

用意されたモデルは、クラシックなヘリテージとスポーティーなビスポークで、ルーフはどちらもタルガとカブリオレを用意している。エンジンは1.5 L(132 PS)と2.0 L(184PS)を選択可能。

外装が大きく変わっただけではない。内装もドアパネルにマッド仕上げと光沢仕上げが選べるほか、幅広い色調のウッド素材を採用し、高級感と質感が高くなっている。

ボディカラーや内装のデザイン、本革シートのカラーなど、様々な部分をオーダーできるため、自分好みにカスタマイズして世界に1台だけのクルマも作り上げられる。車両価格は為替変動にもよるが、910万円(税込)~となる。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加