ルネサス、コネクテッドカー開発分野でマイクロソフトと協業を開始

ルネサス、コネクテッドカー開発分野でマイクロソフトと協業を開始

  • マイナビニュース
  • 更新日:2021/01/12
No image

ルネサス エレクトロニクスは1月12日、コネクテッドカー開発分野でMicrosoft(マイクロソフト)と協業を開始し、ルネサスの車載用SoC「R-Car」を搭載したR-Carスタータキットが、マイクロソフトのモビリティ業界向けプラットフォーム「Microsoft Connected Vehicle Platform(MCVP)」の開発環境として利用できるようになったことを発表した。

変革が進む自動車業界 - 縁の下の力持ちを目指すマイクロソフト

MCVPは、Azureクラウド、AI、エッジサービスのプラットフォームと、パートナーエコシステムを組み合わせたもので、モビリティ関連企業はこれを活用し、車両のプロビジョニング、双方向のネットワーク接続、機能の継続的なOTA(Over The Air)アップデートなどのサービスを構築できるもの。ユーザーはその開発環境として、Azure IoT Edgeデバイスとしても認定されている、R-CarスタータキットおよびBSP(Board Support Package)、R-Car用マルチメディアパッケージ、ならびにMCVPのコンポーネントを利用する事ができる。

ルネサスでは、同開発環境を用いることにより、クラウド上やパソコン上で開発したソフトウェアをR-Car SoCに搭載し、自動車や各種モビリティの組込環境で事前検証することが可能となることから、コネクテッドカー開発における実装上の課題の早期発見が可能になり、開発を効率化できるとしている。

和根﨑友梨子

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加