ポール 米国勢14年ぶり4強

ポール 米国勢14年ぶり4強

  • tennis365
  • 更新日:2023/01/25
No image

トミー・ポールが全豪OP4強 : 画像提供 SportsVanguard

テニスの全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)は25日、世界ランク35位のT・ポール(アメリカ)が同89位のB・シェルトン(アメリカ)を7-6(8-6), 6-3, 5-7, 6-4で破り、自身初のグランドスラム準決勝進出を決めた。アメリカ勢の全豪オープン準決勝進出は、2009年のA・ロディック(アメリカ)以来14年ぶりとなった。

>>ジョコビッチvsルブレフ 1ポイント速報<<

>>ジョコビッチら全豪OP男子 組合せ・結果<<

全豪オープンに6年連続6度目の出場のポールは、昨年までの最高成績は3回戦進出。今大会、3回戦で世界ランク39位のJ・ブルックスビー(アメリカ)にストレート勝ち、4回戦では第24シードのR・バウティスタ=アグ(スペイン)を6-2, 4-6, 6-2, 7-5で破って準々決勝に駒を進めた。

一方、20歳のシェルトンは今回が自身初の海外遠征で、グランドスラムは昨年の全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)に続いて2大会目の出場。4回戦で世界ランク67位のJ・J・ウルフ(アメリカ)との同国対決を6-7 (5-7), 6-2, 6-7 (4-7), 7-6 (7-4), 6-2のフルセットで破り、8強入りを決めた。

初顔合わせとなったこの試合、互いにサービスキープを続けて第1セットはタイブレークに突入する。タイブレークに入っても譲らない両者、ポイント6-6の場面でポールが唯一のミニブレークに成功し、第1セットを先取する。

第2セット、ポールが第6ゲームでこの試合初めてブレークを奪うと、このリードを守って勝利に王手をかける。

第3セット、ポールが第7ゲームでブレークに成功するもシェルトンが第8、第12ゲームでブレークを奪って1セット返す。

流れがシェルトンに傾くかと思われたが、ポールは第4セットの第1ゲームでブレークを奪って1ブレークアップで勝利を決めた。

ポールは準決勝で、第4シードのN・ジョコビッチ(セルビア)と第5シードのA・ルブレフの勝者と対戦する。

[PR]全豪オープンテニス 1/16(月)~1/29(日)WOWOWで連日生放送!WOWOWオンデマンドで全コートライブ配信!西岡 良仁ら出場「デビスカップ 日本vsポーランド」2/4(土)2/5(日)WOWOWオンデマンドで独占ライブ配信!

■放送&配信スケジュールはこちら>

No image

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加